死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

にいさん

『にいさん』を読みました。

 

にいさん

にいさん

 

 

あらすじ

 

ぼくには、にいさんがいた。

 

空がきみをかくしている。

 

空の高いところで鳥が鳴いた。

 

でも、きみはどこにいる……。

 

弟のテオの視点で語られる、画家の人生が描かれた物語です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、兄と弟の深い結びつきです。

 

この絵本では、弟のテオの視点から、画家で兄のゴッホの生涯が描かれています。

 

そこには、常に兄と弟の深い結びつきがあります。

 

孤独な画家の兄を、弟は献身的に支えます。

 

テオは、ただ兄だから支えているだけではなく、兄を尊敬し愛しているからこそ、支えているのです。

 

兄は弟の愛情に支えられ、弟は兄に憧れを持ち、刺激を受けます。

 

ゴッホの人生は波瀾万丈で、いい時よりも、むしろ辛い時の方が多いかもしれません。

 

それでも、弟のテオは、兄を見放さず、兄が亡くなるまで、献身的に支え続けます。

 

なぜ、それほど支えられるのでしょうか。

 

それは、テオのこの言葉に表れていると思います。

 

にいさんは、ぼくのすべて、ぼくだけのにいさんだったのです!

 

テオにとって、ゴッホは自分自身のすべてだったのでしょう。

 

人生のすべてとも、言い換えられるかもしれません。

 

だからこそ、あれほどまでに、兄を支え続けたのです。

 

なんとも美しい兄弟の絆だと思います。

 

素晴らしい兄弟の絆が感じられる名作です。

 

印象的なことば

 

ぼくに未来はあるだろうか。あるさ、だって空には無数の星があって、ひとつがだめでも、どれかひとつくらいはぼくの星さ

 

ゴッホの言葉です。

 

ゴッホがついに、絵描きになるという目的を見つけたときの、言葉です。

 

ゴッホの未来に対する前向きな姿勢が、感じ取れます。

 

実際、ゴッホのその後の人生は、残念ながら安定したものではありませんでした。

 

しかし、このような言葉を、いくつも残したゴッホ

 

彼の絵や言葉は、時代や国を超えて、今でも愛されています。

 

感想

 

弟のテオから見た、兄のゴッホが描かれた絵本です。

 

タイトルのにいさんとは、ゴッホのことです。

 

私は、ゴッホが大好きなので、この絵本は以前から気になっていました。

 

ゴッホに関する絵本や本はたくさん出ていますが、この絵本はその中でも好きな作品です。

 

絵も繊細で素晴らしいし、文章も詩的で、強く胸に響きます。

 

ゴッホの生涯がメインに描かれていますが、人生の光と影が描かれた独自の絵本になっています。

 

大人にじっくり読んで欲しい作品ですが、子どもにこの絵本を読んでもらって、ゴッホの絵に興味を持ってもらえたら、私としても嬉しいです。

 

ゴッホのファンの方も、そうでない方にも、オススメの一冊です。

 

 

にいさん

にいさん

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村