死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

ぼくのかえりみち

『ぼくのかえりみち』を読みました。

 

ぼくのかえりみち

ぼくのかえりみち

 

 

あらすじ

 

ある日の帰り道、そらくんは道の曲がり角で、止まってつぶやきます。

 

そらくんは、今日は道路にある白い線の上を歩いて帰ろうと決めます。

 

線は、道の向こうまでずっと続いています……。

 

ちょっとした冒険の気分が味わえる一冊です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、いつもと違う帰り道です。

 

この絵本では、そらくんが学校から家に帰るまでが描かれています。

 

そらくんは、白い線の上を歩いて帰ろうと決めます。

 

すると、いつも普通に帰っている道と、違うように見え、冒険のような気分を味わえます。

 

そらくんのように、白い線の上を歩いた人は意外といるのではないでしょうか。

 

私も小さい頃に、白い線の上を歩いて帰ったことがあったように思います。

 

ただずっと続いているように見える白い線も、よく見てみると途切れていたり、障害物があったり、意外と歩き続けるのが難しいのです。

 

まるで、ゲームの世界に入り込んだような、面白さがあります。

 

読んでいると、懐かしさが味わえる絵本です。

 

印象的なことば

 

きょうは、このしろいせんのうえをあるいてかえろう

 

そらくんの言葉です。

 

そらくんの思いつきが、ちょっとした冒険になるのです。

 

子どもの頃を、思い出します。

 

感想

 

帰り道のちょっとした冒険が描かれた一冊です。

 

びかしさんの絵本を読むのは、今回で2冊目です。

 

ひがしさんの絵本は、子どもの通学や帰り道に焦点が当てられ、どれもユニークな設定で描かれています。

 

今回の絵本と『えんふねにのって』は、どちらも日常の冒険が描かれていて、子どもが楽しめる絵本になっています。

 

 

ehon0016.hatenablog.com

 

 

また、大人が読んでも懐かしい気持ちになったり、思わず笑顔になるような作品です。

 

『ぼくのかえりみち』は、子どもも大人も楽しめる、楽しい一冊です。

 

 

ぼくのかえりみち

ぼくのかえりみち

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村