死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

えんふねにのって

『えんふねにのって』を読みました。

 

えんふねにのって

えんふねにのって

 

 

あらすじ

 

幼稚園生のまきちゃんは、えんふねに乗るのが大好きです。

 

今日も、待ちきれずに家から飛び出します。

 

まきちゃんが乗り場に着いて、川の向こうをじっと見つめていると、えんふねがゆっくりとやってきて……。

 

まきちゃんの一風変わった通園風景が描かれた絵本です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、非日常的な体験です。

 

幼稚園生のまきちゃんは、えんふねに乗るのが大好きです。

 

今日も待ちきれずに、家から飛び出して、乗り場で待ちます。

 

そして、えんふねがゆっくりとやってきます。

 

えんふねには、先生や友達、船頭のおじさんが乗っています。

 

まきちゃんが通っている幼稚園は、川のそばにあるので、園バスではなく、えんふねに乗って、幼稚園へ行きます。

 

まきちゃんがえんふねに乗り、えんふねは動き始めます。

 

子どもたちは、えんふねから見える景色を楽しみます。

 

途中の橋の上で、まきちゃんのおばあちゃんが、とれたてのトマトを差し入れします。

 

その後、向こうから小舟がやってきて、すれ違いざまに、「この先は通れない」と言います。

 

なんと、先には大きな丸太が、川を塞いでいます。

 

そこに、丸太をどかす作業をしているおじさんから声がかかります。

 

おじさんは、「奥の手で通してやる」と言います。

 

そして、なんとクレーン車がえんふねを、持ち上げていきます。

 

えんふねは、どんどん上まで登っていきます。

 

まるで、えんふねは、鳥になったみたいです。

 

そして、えんふねは丸太を越えると、ゆっくり川の上に降ろされます。

 

えんふねが幼稚園に着き、子どもたちは園長先生の方へ走り出します。

 

今日も、また楽しい1日が始まります。

 

この絵本では、まきちゃんが幼稚園へ通うために乗る、えんふねでのできごとが描かれています。

 

園バスはよく聞きますが、えんふねはあまり聞かないかもしれません。

 

えんふね自体が、非日常的なものに思えますが、まきちゃんたちにとっては、日常的に乗るものです。

 

そんな日常の中で、あるできごとが起こります。

 

それは、丸太が川を塞いでいて、えんふねが通れないため、クレーン車がえんふねを持ち上げるというものでした。

 

えんふねに乗る子どもたちは、まるで鳥のように、空を飛んでいるかのような感覚になります。

 

子どもたちの、ドキドキやワクワクが伝わってきます。

 

非日常的な体験が、楽しく描かれている絵本です。

 

印象的なことば

 

ようちえんまで、このまま とんで いけそうだね…

 

 

 

えんふねがクレーン車に持ち上げられて、高いところから街の景色を見たときの、子どもの言葉です。

 

まるで鳥になったような、ワクワク感が伝わってきます。

 

感想

 

えんふねでのできごとが描かれた、楽しい一冊です。

 

子どもの頃、こんな風にえんふねで幼稚園に通えたら、楽しいだろうなと思いました。

 

発想がユニークで、大人でもなんだかワクワクしてくる絵本です。

 

こんなふねや幼稚園があったらいいなという気持ちになります。

 

子どもに読んであげたい一冊です。

 

 

えんふねにのって

えんふねにのって

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村