読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

くれよんのくろくん

絵本

『くれよんのくろくん』を読みました。

 

くれよんのくろくん (絵本・こどものひろば)

くれよんのくろくん (絵本・こどものひろば)

 

 

あらすじ

 

ある日、新品クレヨンのきいろくんが「ずっと新品のままなんていやだ」と言い出し、クレヨン箱を飛び出します。

 

そして、きいろくんは真っ白な画用紙を見つけ、画用紙に蝶々を描きます。

 

きいろくんは大喜びし、他の色のクレヨンも呼び、みんなで画用紙に絵を描きます。

 

そんな中、そこにくろくんがやってきますが、みんなはくろくんを仲間に入れてくれません。

 

くろくんが落ち込んでいると、そこにシャープペンのお兄さんがやってきて……。

 

クレヨンたちが、お互いの個性を認め合うことの大切さを教えてくれる絵本です。

 

見どころ

 

この絵本の見どころは、クレヨンたちがお互いの個性を尊重し合う姿です。

 

クレヨンたちは、大喜びで画用紙に絵を描きます。

 

しかし、くろんくんがその中に入ろうとすると、それを拒否します。

 

落ち込むくろくんのもとに、シャープペンのお兄さんがやってきて、くろくんをなぐさめます。

 

一方の、クレヨンたちは、書くことに夢中になりすぎて、絵がめちゃくちゃになってしまいます。

 

そこで、シャープペンのお兄さんが、くろくんに何かを伝えます。

 

そして、くろくんはみんなの絵を真っ黒に塗ります。

 

みんなは、くろくんを攻めます。

 

そこで、シャープペンのお兄さんが、体をすべらせ、くろくんが描いた黒を削っていくと……。

 

なんと、あっという間に大きな花火が出来上がります。

 

クレヨンたちは、シャープペンのお兄さんにお礼を言います。

 

しかし、シャープペンのお兄さんは、「お礼ならくろくんに言ってくれよ」と言います。

 

みんなは、くろくんを囲んで、お礼を言います。

 

長所がないと思っていたくろくんも、シャープペンのお兄さんの計らいで、短所を長所に変え、個性を最大限に発揮します。

 

そして、みんなの個性が重なり合って、素敵な花火ができあがります。

 

みんなのいいところを、くろくんが引き出したのです。

 

くろくんが個性を発揮できたのは、シャープペンのお兄さんが、くろくんの個性を見つけてくれたからです。

 

クレヨンのように、人の個性もまた十人十色です。

 

短所を指摘し合うのではなく、その人のいいところを見つけて、個性を尊重することが大切です。

 

印象的なことば

 

くろって、すごいね

 

クレヨンの仲間が、くろくんに言った言葉です。

 

簡潔ながらも、くろくんの個性を認め、くろくんに対するお礼にもなっている言葉です。

 

普段は目立たない色の黒ですが、本当はみんなを引き立てることのできるすごい色なのです。

 

感想

 

個性を認め合うことの大切さが描かれた1冊です。

 

クレヨンのお話ですが、これはそのまま人間社会に当てはめることのできる作品です。

 

普段は目立たない人でも、その人なりの長所は探せば必ずあるはずです。

 

みんなが個性を尊重し合うことで、チームはひとつになり、成果を出すことができるでしょう。

 

わかりやすいストーリーで、若い読者にも理解しやすい内容になっています。

 

この絵本を多くの人が読んで、いじめや仲間はずれが少なくなることを切に願います。

 

 

くれよんのくろくん (絵本・こどものひろば)

くれよんのくろくん (絵本・こどものひろば)