死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

水曜日の本屋さん

『水曜日の本屋さん』を読みました。

 

水曜日の本屋さん

水曜日の本屋さん

  • 作者: シルヴィネーマン,オリヴィエタレック,Sylvie Neeman,Olivier Tallec,平岡敦
  • 出版社/メーカー: 光村教育図書
  • 発売日: 2009/11/01
  • メディア: 大型本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

あらすじ

 

水曜日は学校がお休みです。

 

そのため、わたしはいつも本屋さんへ行きます。

 

すると、あのおじさんもきまって店にきて……。

 

素敵な本屋さんの物語です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、素敵な本屋さんです。

 

女の子は、水曜日は学校がお休みなので、本屋さんへ行きます。

 

すると、おじいさんもいつも本屋さんに来ます。

 

女の子は絵本が好きですが、おじいさんは分厚い戦争の本をじっくりと読みます。

 

しかし、おじいさんはその本を買わずに、本が売れてしまわないか心配そうにしています。

 

ある水曜日、女の子はいつまでも本屋さんにいますが、おじいさんはなかなか現れません。

 

その後、おじいさんがやってきて、女の子はおじいさんに会うことができます。

 

おじいさんは、またいつもの本を買わずに、店を出ます。

 

女の子は、好きな本なのにどうして買わないのか、疑問に思います。

 

もうすぐ冬休みになり、本屋のお姉さんは、店の中やショーウィンドウに、クリスマスの飾り付けをします。

 

クリスマスまであと3日となった頃、おじいさんは店に入りますが、お目当ての本が見つかりません。

 

女の子は、近寄って一緒に探しますが、見つかりません。

 

女の子は、代わりに絵本を勧めます。

 

そこに、本屋のお姉さんがやってきて、「マルヌの戦いについての本をお探しですか?」と尋ねます。

 

おじいさんは、「そうなんです」と言います。

 

すると、お姉さんは、今朝その本がクリスマスのプレゼントとして売れたことを告げます。

 

おじいさんが帰ろうとしたとき、お姉さんは包みをおじいさんに差し出します。

 

お姉さんは、クリスマスプレゼントだと言います。

 

お姉さんは、にっこり微笑みながら、「たまには顔を見せてくださいね」と付け加えます。

 

おじいさんもにっこりして、軽々と包みをかかえて帰っていきます。

 

この絵本では、本屋さんを舞台に人々の交流が描かれています。

 

最後まで、おじいさんが本を買わなかった明確な理由は出てきません。

 

恐らく、おじいさんは本屋の空気や本屋にいる人々が好きで、いつも本屋で本を読んでいたのだと思います。

 

買ってしまったら、本屋に行く用事がなくなってしまうからです。

 

そんなおじいさんのことを見ていた本屋のお姉さんは、おじいさんに本をプレゼントし、たまには顔を見せてくださいねと付け加えます。

 

素敵な本屋さんだと思います。

 

女の子も、そんな本屋さんが大好きなのでしょう。

 

こんな本屋さんがあったらいいなと思う一冊です。

 

印象的なことば

 

でも、たまには顔をみせてくださいね

 

本屋のお姉さんの言葉です。

 

おじいさんに、本のプレゼントをした後、こう言います。

 

心優しい本屋のお姉さんの人柄が伝わります。

 

感想

 

本屋さんでの交流が描かれた絵本です。

 

タイトルも素敵で、思わず手に取った絵本です。

 

中身も、素敵なお話でした。

 

本屋さんの雰囲気が好きな方には、特におススメです。

 

小さな雰囲気のある本屋さんで、こんな本屋さんに行ってみたいなと思います。

 

イラストもオシャレで、本好きな友人にプレゼントしたくなります。

 

本が好きな人にオススメな一冊です。

 

 

水曜日の本屋さん

水曜日の本屋さん

  • 作者: シルヴィネーマン,オリヴィエタレック,Sylvie Neeman,Olivier Tallec,平岡敦
  • 出版社/メーカー: 光村教育図書
  • 発売日: 2009/11/01
  • メディア: 大型本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村