死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

この世でいちばんすばらしい馬

『この世でいちばんすばらしい馬』を読みました。

 

この世でいちばんすばらしい馬

この世でいちばんすばらしい馬

 

 

あらすじ

 

むかし、ハン・ガンという、絵を描くのが大好きな少年がいました。

 

しかし、家が貧しいため、絵筆も紙も買えませんでした。

 

ハン・ガンは、両親を助けるために、食堂で出前の仕事をしていました。

 

ある日、ハン・ガンが有名な画家のワン・ウェイの屋敷に、料理を届けに行くと……。

 

ハン・ガンと彼の描く馬の不思議な物語です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、迫力のある馬の姿です。

 

ハン・ガンは、貧しいけれど、絵を描くのが上手い少年です。

 

ハン・ガンは、両親を助けるために、食堂で出前の仕事をしています。

 

ある日、ハン・ガンが有名な画家の屋敷に、料理を届けに行きます。

 

そこで、帰り際に立派な馬を見て、地面に馬の絵を描き始めます。

 

画家のワン・ウェイは、ハン・ガンの才能を見出し、ハン・ガンに絵の道具やお金を与えます。

 

そして、ハン・ガンは、めきめきと腕を上げ、その評判は皇帝の耳にまで届きます。

 

皇帝は、ハン・ガンに、宮廷の絵師になるための学校に入るように、と言います。

 

学校に入ると、ハン・ガンは、先生の言うことを聞かず、馬の絵ばかり描き続けます。

 

ハン・ガンの描く馬は、本物そっくりです。

 

そして、ハン・ガンの描く馬について、不思議な噂が流れます。

 

その噂は、馬が生きて絵から飛び出す、というものでした。

 

ある晩、ハン・ガンは武将のために馬を描き、その絵を火に燃やすと、その馬は本物になって飛び出します。

 

その後、戦いには勝ち抜いた武将と馬ですが、馬は犠牲になった人や動物に心を痛め、とうとう武将のもとから逃げ出します。

 

そして、馬はハン・ガンの絵の中に戻り、静かに暮らしました……。

 

この絵本では、絵の上手いハン・ガンと、彼の描くすばらしい馬が描かれています。

 

絵本に登場する、見事な馬は必見です。

 

今にも、息遣いが聞こえてきそうなほど、迫力があります。

 

この物語は、作者のチェンさんが作ったものですが、ハン・ガンは、中国に実在した画家だそうです。

 

また、この絵本の絵は、ハン・ガンが使ったのと同じ手法で、絹地に描いたものだそうです。

 

作者のこだわりが感じられる一冊です。

 

印象的なことば

 

馬をたいせつにしてください!

 

ハン・ガンが武将に向かって言った言葉です。

 

武将は馬を戦いのために酷使したため、馬は絵の中に戻ってしまいます。

 

感想

 

ハン・ガンという画家と、彼の描く馬のお話です。

 

チェン・ジャンホンの絵本を読むのは、これが2作目でした。

 

彼の絵本では、よく動物が登場します。

 

彼の絵本を読むと、動物は大事な存在なのだと改めて感じます。

 

絵本の中心に、動物を大切に思う気持ちがあるのだと思います。

 

今回の絵本の馬も、とても迫力があり、美しく描かれています。

 

こういったアジア出身の作家の作品も、色々読んでいきたいなと感じます。

 

 

この世でいちばんすばらしい馬

この世でいちばんすばらしい馬

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村