死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

ハルばあちゃんの手

『ハルばあちゃんの手』を読みました。

 

2017年最後の一冊です。

 

ハルばあちゃんの手 (日本傑作絵本シリーズ)

ハルばあちゃんの手 (日本傑作絵本シリーズ)

 

 

あらすじ

 

ハルは、海辺の小さな村に生まれます。

 

ハルの手を見て、みんなが「器用だし、幸せになる」と言います。

 

小学生になったハルは、折り紙やお手玉など、手を使うことなら誰にも負けません。

 

みんなが、ハルの手を羨ましがります。

 

あるとき、ハルがかずらのつるでかごを編んでいると……。

 

ハルの人生が感動的に描かれた物語です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、ハルの手と人生です。

 

ハルは、海辺の小さな村に生まれます。

 

ハルの手を見て、みんなが褒めます。

 

ハルは小学生になり、折り紙やお手玉など、手を使うことなら誰にも負けないようになります。

 

あるとき、ハルがかずらのつるでかごを編んでいると、男の子が覗いていて、「妹の土産にしたいから、そのかごをくれないか」と頼んできます。

 

ハルはかごに、たんぽぽやレンゲの花を入れてあげます。

 

男の子は、ハルの手を見て、「ほくろの目印もあるから、忘れない」と言います。

 

ハルも恥ずかしそうに、「わたしも、忘れない」と言います。

 

ハルが15歳になると、戦争でお父さんが亡くなり、お母さんも病気で亡くなります。

 

ハルは、残された家族の面倒を見ることになります。

 

魚獲りの仕事をしたり、魚の干物を売ったりして、一生懸命お金を稼ぎます。

 

海に出られない冬は、わら草履を編み、針仕事もします。

 

そんなハルのただひとつの楽しみは、年に一度の盆踊りです。

 

ハルの美しい顔や手振りが、みんなの目を引きます。

 

そして、盆踊りの最後の夜、ひとりの若者が、ハルの手を取ります。

 

その若者は、子どもの頃に花かごを作ってあげたユウキチでした。

 

次の日、ユウキチがハルを訪ねてきて、「自分の店を出すまで待っていてほしい」とプロポーズをします。

 

ハルは、頷いてプロポーズを受けます。

 

それから何年か経ちますが、ユウキチからの便りはありません。

 

そして、ある日突然ユウキチが現れ、ハルはユウキチのところへお嫁にいきます。

 

ハルは器用な手で、ユウキチのケーキ作りを手伝い、店は繁盛します。

 

その間に、ハルはふたりの男の子も育てます。

 

やがて、ふたりの子どもが独立します。

 

店のお客も少なくなりますが、ハルはユウキチとケーキを作っているときが幸せで、寂しいとも思いません。

 

ユウキチが病気でなくなり、ハルはひとりで村へ戻ります。

 

村には、昔の面影はなくなっています。

 

盆踊りが始まると、ハルも出かけて行って、踊ります。

 

そして、ハルは昔の踊り場へ行き、踊ります。

 

この絵本では、ハルの手を中心に、ハルの人生が描かれています。

 

ハルは小さい頃から手が器用で、大きくなってからも手の器用さで、人生を切り開いていきます。

 

ハルの人生は、早くに両親を亡くし、決して平坦な道ではありませんが、それでもハルは幸せそうです。

 

それは、やはりユウキチの存在が大きいと思います。

 

そんなユウキチと出会ったきっかけも、ハルの器用な手でした。

 

この絵本は、ある女性の人生の物語でもあり、運命の人と結婚し、添い遂げる姿を描いたラブストーリーでもあります。

 

そして、その中心には、いつも手があります。

 

人の手の持つ力強さや生命力、または創造力や美しさに心揺さぶられます。

 

タイトルの通り、ハルの手が見どころの絵本です。

 

印象的なことば

 

ユウキチさん、わたしは あんたの おかげで ずっと しあわせだったよ

 

おばあちゃんになった、ハルの言葉です。

 

最後のページで、月の光の下で踊りながら、微笑みを浮かべてこう言います。

 

亡くなった旦那さんに対する感謝の気持ちが素晴らしいです。

 

また、決して平坦な道ではなかったのに、年を重ねてこう言えるのは、本当に幸せな証拠だなと思います。

 

感想

 

ハルばあちゃんの人生が描かれた絵本です。

 

静かな雰囲気の中にも、ハルの力強く生きる姿が描かれています。

 

まるで、写真を見ているような感覚です。

 

人を惹きつける魅力がある、不思議な絵本です。

 

今まで読んだことのないタイプの絵本で、感動的な作品でした。

 

ぜひ一度は読んでほしい、おすすめの絵本です。

 

 

ハルばあちゃんの手 (日本傑作絵本シリーズ)

ハルばあちゃんの手 (日本傑作絵本シリーズ)

 

 

 今年も、「死ぬまでに読みたい絵本」を読んでくださってありがとうございました。

 

来年も、宜しくお願いします。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村