死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

ゆらゆらばしのうえで

『ゆらゆらばしのうえで』を読みました。

 

ゆらゆらばしのうえで (日本傑作絵本シリーズ)

ゆらゆらばしのうえで (日本傑作絵本シリーズ)

 

 

あらすじ

 

激しい雨が降った後、橋は1本の丸太だけになっていました。

 

そこに、1匹のうさぎが駆け込み、きつねが後を追いかけます。

 

すると、段々と橋が傾き始めて……。

 

うさぎときつねの、不思議な絆が描かれた絵本です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、うさぎときつねの奇妙な友情です。

 

激しい雨によって、丸太1本になってしまった橋に、うさぎときつねがやってきます。

 

きつねは、うさぎを追いかけて、捕まえようとしています。

 

しかし、橋は傾き始め、ふたりは身動きが取れなくなってしまいます。

 

時が経ち、夜になります。

 

やがて、ふたりは身の上話を始めます。

 

そして、夜明けになると、風で橋が揺れ出します。

 

ふたりは、丸太に振り回されて、先端にしがみつきますが、今にも落ちそうです……。

 

すると、きつねの足が土手の茂みに絡まり、きつねに促され、うさぎはきつねの背中の上を渡ります。

 

そして、うさぎの手につかまり、きつねも土手に這い上がります。

 

その瞬間、丸太が川に落ちます。

 

ふたりは、思わず喜び合います。

 

ところが、きつねが我に帰り、目がギラリと光ります。

 

それを察知したうさぎは、いちもくさんに逃げ出します。

 

きつねは、うさぎの後を追いかけますが、立ち止まり、うさぎを逃します。

 

きつねとうさぎは、本来であれば敵同士のふたりですが、協力し合ううちに、奇妙な絆が形成されます。

 

吊り橋効果という言葉がありますが、まさにその通りで、ふたりの間には恋心ではありませんが、絆や連帯感のようなものが形成されていきます。

 

極限の状態では、このような絆が生まれるのは、ある意味自然なことかと思いますが、それにしても敵同士のきつねとうさぎが仲のいい姿を見ると、なんだか不思議ですね。

 

しかし、きつねがうさぎのことを心配したり、ふたりとも助かったあとに喜び合ったりするシーンは、なんだかとても心が温まります。

 

ふたりの性質上、本当の友情を深めていくのは難しいと思いますが、それでも一時の友情にしろ、ふたりの間に絆ができたことは確かです。

 

それは、一瞬のことであっても、なんとも感動的です。

 

そして、最後にはきつねはうさぎを追いかけるのをやめ、うさぎを逃してやります。

 

普段は怖いきつねでも、こんな時に優しさがキラリと光ります。

 

それは、うさぎが一瞬にしても、友達だったからなのかもしれません。

 

ふたりの奇妙な絆に、心打たれる一冊です。

 

印象的なことば

 

おい うさぎ! おきろ。いま ねたら おちて しぬぞ。こら! もっと いのちを だいじにしろ!!

 

きつねがうさぎに言った言葉です。

 

夜も深まって、ふたりが話している時に、ふいにうさぎの返事が聞こえなくなり、きつねがうさぎの寝息に気付き、こう叫びます。

 

元々は、うさぎの命を狙っていたきつねが発した、意外な言葉ですが、その言葉の奥には、うさぎへの優しさが滲み出ています。

 

感想

 

うさぎときつねという、本来なら敵同士のふたりが、奇妙な絆で結ばれるお話です。

 

個人的には、夜になって、ふたりが心のうちを打ち明ける場面が好きです。

 

まるで、本当の友達同士が、寝る前に何時間もお喋りするような感覚で、とても面白いです。

 

最初は悪者のようなきつねも、最後まで読むと、どこか悪者になりきれない、心優しい動物だということがわかります。

 

テンポ良く読めて、読み終わった後には、心が優しくなるような絵本です。

 

 

ゆらゆらばしのうえで (日本傑作絵本シリーズ)

ゆらゆらばしのうえで (日本傑作絵本シリーズ)

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村