読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

ポテト・スープが大好きな猫

『ポテト・スープが大好きな猫』を読みました。

 

ポテト・スープが大好きな猫

ポテト・スープが大好きな猫

 

 

この絵本は、神保町の本屋で一目惚れして購入した絵本です。もともと猫が好きだったのと、村上春樹が翻訳しているところに魅力を感じました。

 

あらすじ

 

おじいさんは、雌猫とテキサスの田舎に住んでいました。ねずみも捕らず、のんびりと暮らす猫の好物は、おじいさんが作るポテト・スープです。おじいさんは、猫のことを気に入っているのですが、そんなそぶりはほとんど見せません。

 

ある日、おじいさんが魚釣りに出かけようとしますが、猫は眠り込んでいて起きません。おじいさんがひとりで魚釣りに出かけると……。おじいさんと猫の心温まるストーリーです。

 

ポイント

 

今回のポイントは、おじいさんと雌猫の絆です。

 

この絵本では、猫はただの猫ではなく、「雌猫」と書かれています。

 

この表現の通り、おじいさんと雌猫は、まるで長年連れ添った夫婦のようです。

 

普段は愛情表現をあまりしないおじいさんですが、本当は猫のことをとても大事に思っています。

 

そのことは、電気毛布をうちに持って帰ってきたり、ポテト・スープを作って猫のもとまで運んだりすることからわかります。

 

また、ひとりで魚釣りをしたり、食事をしている時のおじいさんの姿は、とても寂しそうです。

 

そのことからも、おじいさんの猫に対する愛情の深さがわかります。

 

また、ふたりの間からは、わざわざ言葉にしなくても、気持ちが通じ合っているような絆を感じ取ることができます。

 

印象的な言葉

 

お前は今のお前のままでいいんだからさ。

 

おじいさんが猫に言った言葉です。

 

以前、おじいさんは、猫がねずみも捕まえないことに対して、こう言いました。

 

「なんて猫だ、まったく。なんの役にも立たんのだからな。ねずみ一匹つかまえやしない」

 

しかし、猫が魚を捕まえてきた後には「でもな、お前、魚もねずみも、べつにつかまえなくたっていいんだよ」とおじいさんは猫に言います。

 

そして、こう言います。

 

「お前は今のお前のままでいいんだからさ」

 

このことから、おじいさんは猫のありのままを受け入れ、愛していることがわかります。

 

作者の紹介

 

絵本の作者は、テリー・ファリッシュです。

 

ニューハンプシャーポーツマスに住むヤングアダルト小説の作家です。

 

主な著作には、『動物で会話』、『なぜ僕はもうブルーなの』、『海鳥の小屋』などがあります。

 

絵を担当したのは、バリー・ルートです。

 

彼は、絵本のイラストレーターとして、多数の作品のイラストを手がけています。

 

そして、訳は村上春樹です。

 

感想

おじいさんと雌猫の絆に心が温まります。

 

また、何と言っても、絵本に出てくる雌猫が魅力的です。

 

イラストのオレンジ色の毛並みが印象的で、読者の心を奪います。

 

そして、題名にも入っている「ポテト・スープ」がとてもおいしそうです。

 

本書に出てくる料理名はどれも印象的ですが、気になったのが「ブラックバード・パイ」です。

 

日本ではあまり馴染みのない言葉ですが、欧米では「ブラックバード・パイ」という有名な童謡があるそうです。

 

どうやら、おじいさんはその歌を思い出して言っているようで、本当にブラックバード・パイという料理があるわけではないそうです。

 

また、おじいさんもいい味を出しています。

 

この絵本では、おじいさんは猫以外と交流している場面がありません。

 

日本で言う「がんこじじい」のような人ですが、猫をとても可愛がっている心優しい人でもあります。

 

本書を読んでいると、おじいさんと猫の気ままな暮らしに憧れます。

 

大事な人にプレゼントしたくなる絵本です。

 

猫好きな人には、特にオススメです。

 

 

ポテト・スープが大好きな猫

ポテト・スープが大好きな猫