死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

この世でいちばんすばらしい馬

『この世でいちばんすばらしい馬』を読みました。

 

この世でいちばんすばらしい馬

この世でいちばんすばらしい馬

 

 

あらすじ

 

むかし、ハン・ガンという、絵を描くのが大好きな少年がいました。

 

しかし、家が貧しいため、絵筆も紙も買えませんでした。

 

ハン・ガンは、両親を助けるために、食堂で出前の仕事をしていました。

 

ある日、ハン・ガンが有名な画家のワン・ウェイの屋敷に、料理を届けに行くと……。

 

ハン・ガンと彼の描く馬の不思議な物語です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、迫力のある馬の姿です。

 

ハン・ガンは、貧しいけれど、絵を描くのが上手い少年です。

 

ハン・ガンは、両親を助けるために、食堂で出前の仕事をしています。

 

ある日、ハン・ガンが有名な画家の屋敷に、料理を届けに行きます。

 

そこで、帰り際に立派な馬を見て、地面に馬の絵を描き始めます。

 

画家のワン・ウェイは、ハン・ガンの才能を見出し、ハン・ガンに絵の道具やお金を与えます。

 

そして、ハン・ガンは、めきめきと腕を上げ、その評判は皇帝の耳にまで届きます。

 

皇帝は、ハン・ガンに、宮廷の絵師になるための学校に入るように、と言います。

 

学校に入ると、ハン・ガンは、先生の言うことを聞かず、馬の絵ばかり描き続けます。

 

ハン・ガンの描く馬は、本物そっくりです。

 

そして、ハン・ガンの描く馬について、不思議な噂が流れます。

 

その噂は、馬が生きて絵から飛び出す、というものでした。

 

ある晩、ハン・ガンは武将のために馬を描き、その絵を火に燃やすと、その馬は本物になって飛び出します。

 

その後、戦いには勝ち抜いた武将と馬ですが、馬は犠牲になった人や動物に心を痛め、とうとう武将のもとから逃げ出します。

 

そして、馬はハン・ガンの絵の中に戻り、静かに暮らしました……。

 

この絵本では、絵の上手いハン・ガンと、彼の描くすばらしい馬が描かれています。

 

絵本に登場する、見事な馬は必見です。

 

今にも、息遣いが聞こえてきそうなほど、迫力があります。

 

この物語は、作者のチェンさんが作ったものですが、ハン・ガンは、中国に実在した画家だそうです。

 

また、この絵本の絵は、ハン・ガンが使ったのと同じ手法で、絹地に描いたものだそうです。

 

作者のこだわりが感じられる一冊です。

 

印象的なことば

 

馬をたいせつにしてください!

 

ハン・ガンが武将に向かって言った言葉です。

 

武将は馬を戦いのために酷使したため、馬は絵の中に戻ってしまいます。

 

感想

 

ハン・ガンという画家と、彼の描く馬のお話です。

 

チェン・ジャンホンの絵本を読むのは、これが2作目でした。

 

彼の絵本では、よく動物が登場します。

 

彼の絵本を読むと、動物は大事な存在なのだと改めて感じます。

 

絵本の中心に、動物を大切に思う気持ちがあるのだと思います。

 

今回の絵本の馬も、とても迫力があり、美しく描かれています。

 

こういったアジア出身の作家の作品も、色々読んでいきたいなと感じます。

 

 

この世でいちばんすばらしい馬

この世でいちばんすばらしい馬

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

にいさん

『にいさん』を読みました。

 

にいさん

にいさん

 

 

あらすじ

 

ぼくには、にいさんがいた。

 

空がきみをかくしている。

 

空の高いところで鳥が鳴いた。

 

でも、きみはどこにいる……。

 

弟のテオの視点で語られる、画家の人生が描かれた物語です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、兄と弟の深い結びつきです。

 

この絵本では、弟のテオの視点から、画家で兄のゴッホの生涯が描かれています。

 

そこには、常に兄と弟の深い結びつきがあります。

 

孤独な画家の兄を、弟は献身的に支えます。

 

テオは、ただ兄だから支えているだけではなく、兄を尊敬し愛しているからこそ、支えているのです。

 

兄は弟の愛情に支えられ、弟は兄に憧れを持ち、刺激を受けます。

 

ゴッホの人生は波瀾万丈で、いい時よりも、むしろ辛い時の方が多いかもしれません。

 

それでも、弟のテオは、兄を見放さず、兄が亡くなるまで、献身的に支え続けます。

 

なぜ、それほど支えられるのでしょうか。

 

それは、テオのこの言葉に表れていると思います。

 

にいさんは、ぼくのすべて、ぼくだけのにいさんだったのです!

 

テオにとって、ゴッホは自分自身のすべてだったのでしょう。

 

人生のすべてとも、言い換えられるかもしれません。

 

だからこそ、あれほどまでに、兄を支え続けたのです。

 

なんとも美しい兄弟の絆だと思います。

 

素晴らしい兄弟の絆が感じられる名作です。

 

印象的なことば

 

ぼくに未来はあるだろうか。あるさ、だって空には無数の星があって、ひとつがだめでも、どれかひとつくらいはぼくの星さ

 

ゴッホの言葉です。

 

ゴッホがついに、絵描きになるという目的を見つけたときの、言葉です。

 

ゴッホの未来に対する前向きな姿勢が、感じ取れます。

 

実際、ゴッホのその後の人生は、残念ながら安定したものではありませんでした。

 

しかし、このような言葉を、いくつも残したゴッホ

 

彼の絵や言葉は、時代や国を超えて、今でも愛されています。

 

感想

 

弟のテオから見た、兄のゴッホが描かれた絵本です。

 

タイトルのにいさんとは、ゴッホのことです。

 

私は、ゴッホが大好きなので、この絵本は以前から気になっていました。

 

ゴッホに関する絵本や本はたくさん出ていますが、この絵本はその中でも好きな作品です。

 

絵も繊細で素晴らしいし、文章も詩的で、強く胸に響きます。

 

ゴッホの生涯がメインに描かれていますが、人生の光と影が描かれた独自の絵本になっています。

 

大人にじっくり読んで欲しい作品ですが、子どもにこの絵本を読んでもらって、ゴッホの絵に興味を持ってもらえたら、私としても嬉しいです。

 

ゴッホのファンの方も、そうでない方にも、オススメの一冊です。

 

 

にいさん

にいさん

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

なぜ戦争はよくないか

『なぜ戦争はよくないか』を読みました。

 

 

なぜ戦争はよくないか

なぜ戦争はよくないか

 

 

 

あらすじ

 

戦争はなんでもできます。

 

どんな国の言葉も話すことができます。

 

でも、カエルたちに何をどう話せばいいか、戦争は何もわかっていません……。

 

なぜ戦争はよくないのか、力強い言葉と絵で描かれた作品です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、戦争の恐ろしさです。

 

この絵本では、戦争が奪ってしまうものが描かれていて、戦争の恐ろしさが表現されています。

 

戦争のせいで、動物や人間、歴史的な建造物や自然が破壊されてしまいます。

 

また、戦争の染み込んだ水は、みんなを病気にしてしまいます。

 

そのことが、文章とイラストで、表現されています。

 

戦争はよくない、ということは、みんなが知っています。

 

しかし、戦争が何故いけないかということを、わかりやすくさまざまな例を挙げて、説明できる人は、そこまで多くはないかもしれません。

 

この絵本では、何故戦争がいけないのかということが、わかりやすく、説得力のある文章で表現されています。

 

小さな子どもでも、理解できる内容となっています。

 

子どもに戦争の恐ろしさや平和の尊さを感じてもらうために最適な一冊です。

 

また、子どもだけでなく、大人にも読んで欲しい絵本です。

 

印象的なことば

 

こういう大切な時間なの

人が

なくしてはいけないものは

 

 

窓のそばにいる母親が、赤ん坊におっぱいを飲ませています。

 

まさに、幸せな時間です。

 

戦争はいとも簡単に幸せな時間を破壊してしまいますが、こういった時間を人はなくしてはいけないということですね。

 

平和の尊さが表現された言葉です。

 

感想

 

戦争の恐ろしさが描かれた絵本です。

 

文章は、作家のアリス・ウォーカーが手掛けています。

 

彼女は、カラーパープルという小説で、黒人女性として初めてピューリッツァー賞を受賞しています。

 

カラーパープルは、スピルバーグ監督によって、映画化されています。

 

 

カラーパープル [Blu-ray]

カラーパープル [Blu-ray]

 

 

 

この絵本では彼女の文章と、ステファーノ・ヴィタールの絵が合わさって、戦争の恐ろしさが強烈に描かれています。

 

アリス・ウォーカーは、戦争の恐ろしさを伝えることで、子どもたちを守るひとつの手だてになると信じていると、語っています。

 

彼女の強い思いが、この絵本からもしっかりと感じ取ることができます。

 

大人から子どもに読み聞かせるのもよし、または大人がじっくりと読むのにもいい一冊です。

 

 

なぜ戦争はよくないか

なぜ戦争はよくないか

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

死神さんとアヒルさん

『死神さんとアヒルさん』を読みました。

 

 

死神さんとアヒルさん

死神さんとアヒルさん

 

 

あらすじ

 

しばらく前から、アヒルさんは、誰かが自分の後ろにいるような気がしていました。

 

アヒルさんが誰かと尋ねると、死神さんは気付いてくれたことに喜びます。

 

アヒルさんはどきりとして……。

 

見どころ

 

今回の見どころは、生と死です。

 

この絵本では、アヒルさんが死神さんと出会い、アヒルさんの命が燃え尽きるまでが描かれています。

 

アヒルさんと死神さんは、行動を共にします。

 

ふたりの会話は、なんだか噛み合っていないようで、淡々とした雰囲気の中、物語は進んでいきます。

 

やがて、アヒルさんの息がたえます。

 

死んでしまったアヒルさんを、死神さんは川へ流します。

 

最後まで、死神さんがいい人なのか、悪い人なのか、わかりません。

 

この絵本を読むと、生と死の関係を、考えざるを得ません。

 

そこに、明確な答えはありませんが、生と死は繋がっているものなのだと思います。

 

生があるから、死も成り立つ。

 

反対に、死があるからこそ、生が尊いものになるとも言えるでしょう。

 

全体的に淡々としたお話ですが、生と死は何か劇的なものではなく、日常の中にあるものだということなのかもしれません。

 

生と死について、考えるときのヒントになる一冊です。

 

印象的なことば

 

でも、いのちとは、こういうものなのです。

 

最後のページにある言葉です。

 

この言葉に、妙に納得してしまいました。

 

感想

 

生と死について考えさせられる一冊です。

 

印象的なタイトルなので、どんな絵本なのだろうと興味を持ち、読んでみました。

 

すると、思いのほか、あっさりとした物語でした。

 

しかし、死とはこういうものなのかも知れないと、納得もしました。

 

この絵本は、どちらかというと、大人向けの絵本です。

 

大人がじっくり、考えながら読みたい一冊です。

 

 

死神さんとアヒルさん

死神さんとアヒルさん

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

ゼロ年代+の絵本【2007年】

新年度もスタートし、新生活が始まった方も多いのではないでしょうか。

 

花粉がピークの今の時期、また寒暖差もあるので、体調にはくれぐれもお気をつけくださいね。

 

ゼロ年代+の絵本の企画も、後半になってまいりました。

 

しかし、まだまだ素敵なゼロ年代の絵本、さらに3.11以降に生まれた絵本を紹介していきたいと思っていますので、今後もお付き合いください。

 

それでは、今回はゼロ年代+の絵本の第8回目「2007年版」です。

 

また、ゼロ年代+の絵本の企画概要などは、こちらです。

 

 

ehon0016.hatenablog.com

 

それでは、2007年版スタートです。

 

 

 

①ウェン王子とトラ

 

 

ehon0016.hatenablog.com

 

トラとウェン王子の絆が感動的に描かれた一冊です。

 

②紙しばい屋さん

 

 

ehon0016.hatenablog.com

 

 

③給食番長

 

 

ehon0016.hatenablog.com

 

給食のありがたみがわかる一冊です。

 

④黒グルミのからのなかに

 

 

ehon0016.hatenablog.com

 

生と死について考えさせられる一冊です。

 

⑤セーラーとペッカ、町へいく

 

 

ehon0016.hatenablog.com

 

セーラーとペッカの何気ない日常が描かれた、クセになる一冊です。

 

 

⑥ちょっとだけ

 

 

ehon0016.hatenablog.com

 

お姉ちゃんになったなっちゃんの日常が描かれた一冊です。

 

 

⑦としょかんライオン

 

 

ehon0016.hatenablog.com

 

図書館にやってきたライオンをめぐる物語です。

 

 

⑧パセリともみの木

 

 

ehon0016.hatenablog.com

 

シカともみの木がお互いを大事にしながら暮らす姿が描かれた絵本です。

 

 

⑨ビロードのうさぎ

 

 

ehon0016.hatenablog.com

 

ビロードのうさぎが本物になるまでのお話です。

 

⑩ぼくがラーメンたべてるとき

 

 

ehon0016.hatenablog.com

 

同じときを生きる子どもたちの暮らしが描かれた絵本です。

 

 

ベスト作品発表

 

2007年も、素敵な作品が揃っています。

 

海外作品と国内作品のそれぞれで、ベスト作品を決めたいと思います。

 

海外作品では、『としょかんライオン』が第1位です。

 

図書館とライオンが、一体どんな結びつきなのだろうと読む前は思ったのですが、

 

読み終えた後は、納得しました。

 

こんな図書館やライオンがいたらいいなと思いました。

 

また、国内作品では、『ビロードのうさぎ』が第1位です。

 

酒井駒子さんの絵がとても素敵で、ときに切なくて、感動します。

 

どちらも、名作絵本の代表とも言えるでしょう。

 

2007年の傾向

 

2007年は、豊作の年というか、ズバリ名作揃いだと思います。

 

正統派な絵本が目立ちますし、それが現在名作となっている感じがあります。

 

一方で、『給食番長』や『セーラーとペッカ、町へいく』など、正統派ではないけれど、クセになるような面白い絵本もあります。

 

やはり色んな種類の絵本があるからこそ、面白いし、読みがいがありますよね。

 

そういった意味でも、とても充実したラインナップだと思います。

 

以上が、ゼロ年代+の絵本の2007年版でした。

 

気になった絵本がありましたら、ぜひ読んでみてください。

 

あなたの心の一冊が見つかれば幸いです。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

ちいさなあなたへ

『ちいさなあなたへ』を読みました。

 

ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)

ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)

 

 

あらすじ

 

お母さんは、赤ちゃんの小さな指を数え、その一本一本にキスをします。

 

初めて雪が降った日、お母さんは赤ちゃんを空へ向けて抱き上げます。

 

赤ちゃんのまるいほっぺの上で雪が溶けていきます。

 

そして、いつの間にやら赤ちゃんは大きくなり……。

 

子どもの成長を見守るお母さんの気持が描かれた絵本です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、子どもを見守る母親の気持ちです。

 

この絵本では、子どもの成長を見守る母親の気持ちが描かれています。

 

最初は、小さな赤ちゃんだった子も、時が流れて子どもになります。

 

お母さんは、娘の今後のことを考えます。

 

その気持ちが詩的な文章で表現されています。

 

そこには、お母さんが辿ってきたのと同じように、嬉しいことや悲しいことなど、さまざまな場面が描かれています。

 

さまざまなできごとを乗り越えて、立派な大人になって欲しいという、お母さんの気持ちが垣間見えます。

 

最後のページには、大人になった娘さんに対して、自分のことを思い出して欲しいというお母さんの気持ちが描かれています。

 

そこには、かつてのお母さんと赤ちゃんだった頃の娘さんが映った写真が飾られています。

 

母と娘のストーリーが、多くの人が共感できるよう普遍的に描かれています。

 

母から子どもに読んであげたい名作です。

 

印象的なことば

 

わたしの いとしいこ。

そのときには、どうか わたしの ことを おもいだして。

 

 

最後のページにある言葉です。

 

お母さんの娘を思う気持ちが詰まった言葉です。

 

感想

 

娘を見守る母親の気持ちが感動的に描かれた一冊です。

 

特に、お母さんにはかなり共感できる作品だと思います。

 

娘のことを大事に思う気持ちが、ひしひしと伝わってきます。

 

この絵本は、サイズもコンパクトで、贈り物にもぴったりだと思います。

 

イラストも可愛くて、見ていると優しい気持ちになります。

 

読み継がれるべき名作です。

 

 

ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)

ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

あたらしいともだち

『あたらしいともだち』を読みました。

 

 

あたらしいともだち

あたらしいともだち

 

 

あらすじ

 

ラフィが新しい街へ引っ越してきました。

 

ラフィは大工仕事が得意で、お母さんのお手伝いもできます。

 

間も無くラフィは9歳になり、誕生日会を開きますが、お祝いをしてくれたのは家族だけでした。

 

この街ではよそ者なので、ラフィは友達がいないのです。

 

そこで、ひとりぼっちのラフィは、自分で友達を作ることにしますが……。

 

ひとりぼっちだった少年が、大成功するまでが描かれた絵本です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、好きなことを続けることです。

 

ラフィの家族が、新しい街へ引っ越してきます。

 

ラフィは大工仕事が得意な少年で、お母さんのお手伝いもできます。

 

そして、ラフィが9歳の誕生日を迎えます。

 

お誕生日会を開きますが、まだ知り合いがいないため、家族だけがお祝いをしてくれます。

 

ひとりぼっちのラフィは、いいことを思いつきます。

 

ラフィは、友達を自分で作ることにします。

 

最初に、犬と猫を作りました。

 

そこに、隣のキー・シンも加わります。

 

キーは縫い物が得意なので、友達に素敵な服を作ります。

 

ふたりは材料を集めて、次々に友達を作ります。

 

ふたりは、家族ぐるみで仲良くなります。

 

そして、裏庭にはふたりが作った友達でいっぱいになります。

 

ふたりが新しい友達を家の前に置くと、子どもたちが集まってきて、仲間に入れてと言います。

 

そして、みんなで楽しくトロイの木馬を作ります。

 

ある晩、ラフィの家に、保健所と消防署の人がやってきて、ガラクタを片づけるように言います。

 

その噂を聞きつけた新聞記者やカメラマンがやってきて、テレビでもニュースになります。

 

騒ぎは大きくなり、美術館の館長までやってきて、展覧会の提案をします。

 

そして、展覧会は大成功し、ふたりは世界的に有名になります。

 

こうして、キーはファッションデザイナーに、ラフィは彫刻家になります。

 

ふたりは、今でも仲良しの友達です。

 

この絵本では、ひとりぼっちだった少年ラフィが、得意な大工仕事に没頭し、友達を作り出し、さらには本物の友達まででき、好きなことで大成功するまでが描かれています。

 

ラフィは、引っ越したばかりで友達がいないため、自分で友達を作り始めます。

 

そのうち、キーという親友と出会い、ふたりは一緒に友達という名の作品を作り始めます。

 

そして、ふたりの作品は評判となり、友達も増えます。

 

さらに、ふたりの作品が展示された展覧会が大成功します。

 

その後、ふたりは世界的に有名になり、キーはファッションデザイナーに、ラフィは彫刻家になります。

 

最初は孤独だったラフィですが、彼は自分の好きなことに没頭し、自ら友達を作る技術やセンスもあったため、どんどん道が開けていきます。

 

もし今友達がいなくても、自分の好きなことを続けていれば、誰かが見ていてくれて、友達もできるかもしれません。

 

ポジティブになれる一冊です。

 

印象的なことば

 

ラフィとキーは いまでも なかよしの ともだちです。

 

最後のページにある言葉です。

 

大人になったラフィとキーが、ボートに一緒に乗っている素敵な絵が描かれています。

 

大成功して、大人になっても、友情が続いていることに、嬉しさを感じました。

 

感想

 

創造の素晴らしさが描かれた一冊です。

 

トミー・ウンゲラーが75歳を超えて、久しぶりに発表した作品です。

 

ウンゲラーの絵本は、このブログでもいくつか紹介していますが、今回も個性的な作品となっています。

 

 

ehon0016.hatenablog.com

 

 

ehon0016.hatenablog.com

 

 

どこか異国情緒溢れるイラストで、なんとも作品世界に引き込まれてしまう絵本です。

 

風変わりな友達など、遊び心が溢れています。

 

個性的な作品ながらも、純粋に友達っていいなと心から思える一冊です。

 

友達ができなくて悩んでいる子にもオススメです。

 

 

あたらしいともだち

あたらしいともだち

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村