死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

くんちゃんのだいりょこう

『くんちゃんのだいりょこう』を読みました。

 

 

くんちゃんのだいりょこう

くんちゃんのだいりょこう

 

 

あらすじ

 

ある日、お母さんぐまとお父さんぐまと、子ぐまのくんちゃんが、散歩に出かけました。

 

もうそろそろ、冬ごもりの季節になります。

 

くんちゃんは、木の上の鳥に話しかけます。

 

鳥は、寒くなってきたので、南の国へ飛んでいくと言います。

 

くんちゃんは、「ぼくも行っていい?」と聞きますが……。

 

くんちゃんのちょっとした冒険が描かれた一冊です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、くんちゃんのちょっとした冒険です。

 

もうすぐ、冬ごもりの季節。

 

くんちゃんの家族が散歩をしていると、鳥たちに出会います。

 

鳥たちは、南の国へ飛んでいくと言います。

 

くんちゃんは、南の国へ行きたくてたまりません。

 

くんちゃんが、お母さんにそのことを話すと、お父さんが「やらせてみなさい」と言います。

 

お父さんは、帰り道の丘の上の大きな松の木を、覚えておくように言います。

 

くんちゃんは、丘を走って、登ります。

 

しかし、お母さんにさようならのキスをしてこなかったことを思い出し、丘を駆け下ります。

 

その後も、丘に登ると何かを思い出し、丘を駆け下りて、家から物を持ち出すくんちゃん。

 

何度も登り降りするうちに、くんちゃんは疲れて、とうとう家で少し休むことにします。

 

くんちゃんは、荷物を置き、お母さんにキスをして、ベッドに入ります。

 

くんちゃんがぐっすり眠る姿を見て、お父さんは冬中ぐっすり眠るよと言います。

 

この絵本では、くんちゃんの「大旅行」が描かれています。

 

しかし、大旅行といっても、子ぐまのくんちゃんがやることなので、とても小規模な旅行というか、ちょっとした冒険のような感じです。

 

水色で表現されたイラストが、シンプルながらも、とても可愛くて、思わず微笑んでしまいます。

 

子ぐまのくんちゃんにとっては、きっと初めてのことばかりで、大旅行のようなできごとだったのでしょう。

 

好奇心旺盛のくんちゃんと、それをあたたかく見守る両親が素敵な絵本です。

 

印象的なことば

 

くんちゃんがかえってきたようだね。

 

お父さんぐまの言葉です。

 

くんちゃんの大旅行に、オーケーしたのはお父さんでした。

 

きっと、お父さんは、くんちゃんが必ず疲れて帰ってくるのだと、わかっていたのでしょう。

 

お父さんの、まずは子どもに好きなようにやらせてみるという姿勢が素晴らしいですね。

 

子どもを信頼しているからこそ、できることかもしれません。

 

感想

 

子ぐまのくんちゃんの大旅行が描かれた一冊です。

 

少し古い絵本ですが、今読んでも楽しく読めます。

 

子ぐまのくんちゃんが可愛くて、見ていると癒されます。

 

この絵本では、水色がメインで使われているのですが、今の絵本にはない色合いで、とても新鮮でした。

 

家族のあたたかさや、子どもの好奇心が描かれた秀作です。

 

 

くんちゃんのだいりょこう

くんちゃんのだいりょこう

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

読んで涼しく!おばけの絵本

8月に入りました。
まだまだ暑いですね。
今年は梅雨明けが早かったからか、ずっと暑い印象です。
そんな暑い夏に、読んで涼しくなるような、おばけの絵本はいかがでしょうか。
今回は、全体的に「怖い」というよりも、楽しくてかわいいおばけたちを選んでみました。
きっと、子どもから大人まで楽しめるはずです。

f:id:polaris016:20180802204506p:plain

 
 

おばけの絵本5冊

おじいちゃんがおばけになったわけ

 

ehon0016.hatenablog.com

 

亡くなったおじいちゃんがおばけになって、エリックのもとへやってきます。
おじいちゃんは、何故おばけになって戻ってきたのでしょうか?
エリックとおじいちゃんの心温まる一冊です。
 

おばけパーティ

 

おばけパーティ

おばけパーティ

 

 

フランス発のおしゃれなおばけの絵本です。
おばけのアンリが、友達を晩餐会に招待します。
アンリが運んでくるドリンクや料理で、なんとみんなが……。
暑い夏にぴったりな、おしゃれでクールな一冊です。
 
 
おばけのてんぷら

 

おばけのてんぷら (めがねうさぎの小さな絵本)

おばけのてんぷら (めがねうさぎの小さな絵本)

 

 

食べることが大好きなうさこは、山でこねこくんに出会います。
うさこは、こねこくんのお弁当のおかずのてんぷらを味見させてもらいます。
うさこは、こねこくんにレシピを教えてもらい、てんぷらを作ることにしますが……。
言わずと知れた名作絵本ですね。
私も、小学生の頃に、図書室で読みました。
せなけいこさんの絵がかわいくて、印象的です。
この絵本を読むと、てんぷらが食べたくなります。
 
 

ゆうれいとすいか

 

ゆうれいとすいか (ひかりのくに傑作絵本集 (5))

ゆうれいとすいか (ひかりのくに傑作絵本集 (5))

 

 

すいかをめぐる、正統派なおばけ絵本です。
こちらも、せなけいこさんのイラストです。
これぞ昔ながらの日本のゆうれいといった感じで、読んでいるといい具合にクールダウンしてきます。
ユーモラスで、楽しい一冊です。
おばけのすいかが食べてみたくなりました。
 
 

いじわるなないしょオバケ

 

いじわるなないしょオバケ

いじわるなないしょオバケ

 

 

最後の一冊は、ほろりとさせる感動のおばけ絵本です。
サラは、うっかりママの大切な真珠の首飾りを壊してしまいます。
本当のことが言えず、内緒にしていたら……。
なんと、くちからおばけが!
いじわるなないしょオバケがかわいい、オランダの絵本です。
オランダの絵本ですが、日本の絵本かと思うくらい、感情移入できます。
子どもの気持ちの揺れ動きが、丁寧に描かれています。
 
 
以上が、おばけの絵本5冊です。
気になった絵本がありましたら、ぜひ読んでみてください。
おばけの絵本を読んで、暑い夏を乗り切りましょう!
 
 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

夏に読みたい!花火の絵本

夏の風物詩といえば、花火です。

 

日本では、各地で花火大会が開催されています。

 

毎年たくさんの人が、花火大会を見に行きます。

 

今回は、そんな花火にまつわる絵本をご紹介します。

 

f:id:polaris016:20180725114016j:plain

 

花火の絵本4冊

 

はなび

 

 

はなび

はなび

 

 

まちの花火大会が描かれた一冊です。

 

花火をつくる仕事をしているあやこさんを中心に、物語は進みます。

 

あやこさんは、孫たちのために花火をあげることにします。

 

さて、どんな花火が上がるのでしょうか……。

 

花火をつくる過程がわかる絵本です。

 

最後の大きな打ち上げ花火は必見です。

 

ねこのはなびや

 

ねこのはなびや (えほんあらかると)
 

 

 

ねこのはなびやたちが、花火で競い合う物語です。

 

カラフルな色づかいで、見ていて飽きません。

 

ねこたちも可愛くて、猫好きにはたまりません。

 

もちろん、猫好きでなくても楽しめます。

 

さあ、最後に勝つのはどの組みでしょうか?

 

たくさんのカラフルな花火が見どころの一冊です。

 

ねこざかなのはなび

 

ねこざかなのはなび

ねこざかなのはなび

 

 

 

こちらもねこが登場する、花火の絵本です。

 

このねこは、ただのねこではなく、ねこと魚が合体した、ねこざかなというユニークなキャラクターです。

 

最初はそのユニークさに驚きますが、段々慣れると、可愛く見えてきます。

 

この絵本では、ねこざかながさえじまの花火大会を見に行きます。

 

途中、サメたちに食べられそうになりながらも、ねこざかなは花火大会を満喫します。

 

絵本には、楽しい仕掛けもあり、子どもから大人まで楽しめる一冊です。

 

リビアバンドをくむ

 

 

オリビア バンドをくむ

オリビア バンドをくむ

 

 

リビアのシリーズの絵本です。

 

今回、オリビアは花火のために、バンドをくむことにします。

 

しかも、ひとりでです!

 

リビアは、家中からバンドに使うものを集めます。

 

そして、ひとりでバンドを結成します。

 

リビアからは、すごい音がします。

 

絵を見ていると、その音が今にも聞こえそうです。

 

花火の時間が近付き、オリビアはバンドをやめて、家族と一緒に出かけます。

 

リビアの一家が、ピクニックしながら、花火を見る様子は素敵です。

 

花火の場面が印象的な一冊です。

 

 

以上が、花火の絵本4冊です。

 

気になった絵本があったら、ぜひ読んでみてください。

 

花火の絵本を読んで、夏を楽しく過ごしましょう!

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

林明子原画展に行ってきました!

現在、松屋銀座で開催されている「絵本のひきだし林明子原画展」へ行ってきました。

 

f:id:polaris016:20180722200906j:plain



 

林明子さんは好きな絵本作家さんだったので、これは絶対行きたいと思い、行ってきました。

 

会場には、林明子さんの絵本作品の原画がたくさん展示されていました。

 

このブログで紹介した絵本の原画もあり、感動しました。

 

展示されていた林明子さんの絵本

 

きょうはなんの日

 

ehon0016.hatenablog.com

 

 

とんとこり

 

ehon0016.hatenablog.com

 

 

こんとあき

 

 

ehon0016.hatenablog.com

 

はじめてのおつかい

 

 

ehon0016.hatenablog.com

 

 

これらの作品以外にも、たくさんの絵本の原画が展示されていました!

 

優しいイラストに、心が癒されました。

 

ショップもあって、念願の「こんとあき」のこんもゲットしました!

 

かわいくて、癒されます。

 

会場内も、優しい雰囲気に包まれていました。

 

絵が持つパワーを感じました。

 

松屋銀座の同じ階で、羽海野チカさんの展覧会もやっていたので、こちらも観てきました。

 

f:id:polaris016:20180722201521j:plain

 

小学生の頃に「ハチクロ」と出会ってから、今でも大好きな漫画のひとつなので、今回原画をたくさん見ることができて、幸せでした。

 

3月のライオン」の原画もたくさんあり、こちらはまだしっかり読んでいなかったので、今度最初から読んでみようと思いました。

 

また、関連グッズなどもたくさん展示されていて、楽しい展覧会でした!

 

 夏の思い出に、絵本や漫画の世界に浸ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

こんとあき

『こんとあき』を読みました。

 

 

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

 

 

あらすじ

  

きつねのぬいぐるみのこんは、赤ちゃんを待っていました。

 

こんは、おばあちゃんに赤ちゃんのおもりを頼まれて、さきゅうまちからやってきました。

 

こんは、座っていることに飽きて、居眠りを始めて……。

 

見どころ

 

今回の見どころは、こんとあきの冒険です。

 

こんは、おばあちゃんに赤ちゃんのおもりを頼まれて、さきゅうまちからやってきます。

 

あきは、こんと遊び、大きくなっていきます。

 

そして、こんは次第に古くなっていきます。

 

とうとうある日、こんの腕がほころびてしまいます。

 

こんは、さきゅうまちへ帰り、おばあちゃんに直してもらってくると言い、でかけようとします。

 

そこに、あきもついて行こうとして、旅行の支度をします。

 

こんとあきは、駅にやってきて、さきゅうまちへ向かいます……。

 

さきゅうまちへ向かう途中にも、様々なできごとが起こります。

 

なんとかおばあちゃんのもとへ着いたふたりは、おばあちゃんに温かく迎えられます。

 

この絵本では、こんとあきの冒険が描かれています。

 

こんとあきは、様々なできごとを乗り切り、おばあちゃんのもとへたどり着きます。

 

小さなふたりですが、色々なことを乗り切る、強さや勇気も持ち合わせています。

 

何より、ふたりの絆は強くて、相性抜群です。

 

ふたりのコンビが可愛すぎて、絵本を眺めていると、ニコニコしてしまいます。

 

かわいいふたりの、楽しい冒険が描かれた一冊です。

 

印象的なことば

 

すなのなかより、ずぅーっといい

 

こんの言葉です。

 

こんがはじめてのお風呂に入り、おばあちゃんがこんに今の気分を聞くと、こう答えます。

 

お風呂は誰にとっても、気持ちのいいものですね。

 

感想

 

こんとあきのコンビが、最高にかわいい一冊です。

 

こんみたいなぬいぐるみがほしいなと、心から思います。

 

林明子さんの絵が好きなので、このふたりのコンビはたまらないものがあります。

 

おばあちゃんも優しくて、愛情に溢れていて、本当に理想のおばあちゃんといった感じです。

 

こんとあきが、お互いに守り合っていて、その姿が健気でかわいいです。

 

心温まる絵本です。

 

 

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

とんことり

『とんことり』を読みました。

 

 

とん ことり (こどものとも傑作集)

とん ことり (こどものとも傑作集)

 

 

あらすじ

 

かなえは、山の見えるまちに引っ越してきました。

 

お父さんとお母さんは、さっそく荷物の整理を始めます。

 

かなえも手伝いますが、そのうち疲れて座っていると、玄関の方から小さな音が聞こえて……。

 

かなえが、新しい土地で、新しい友達を作るまでの物語です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、新しい友達です。

 

かなえは、新しいまちに引っ越してきます。

 

家族で家の荷物を整理していると、玄関の方で小さな音がします。

 

かなえが玄関に行くと、郵便受けの下にすみれの花束が落ちています。

 

玄関のドアを開けると、知らない人が歩いているだけです。

 

そして、次の日もあの小さな音が聞こえます。

 

かなえが見てみると、郵便受けにタンポポが入っていますが、外は知らない人が歩いているだけです。

 

その次の日、手紙が届きますが、差出人はわかりません。

 

かなえは、あの小さな音のことばかり、考えています。

 

そんなとき、またあの小さな音が聞こえ、かなえは急いで玄関のドアを開けます。

 

すると、知らない女の子が、門から出て行こうとするのが見えます。

 

かなえは、女の子を呼び止めます。

 

あのプレゼントは、女の子からでした。

 

女の子は、かなえに「遊びに行こう」と言います。

 

かなえは、うなずいて、にこっと笑います。

 

この絵本では、かなえが新しい友達を作るまでが描かれています。

 

新しい土地に引っ越してくるとき、普通まだ友達がいません。

 

段々と土地に慣れて、友達もできてくるものです。

 

慣れない土地で、ワクワクもあるかもしれませんが、不安も多いでしょう。

 

そんなときに、初めて話しかけてくれた友達は、特別な存在です。

 

かなえにとって、女の子からのプレゼントは、かなり嬉しかったことでしょう。

 

友達のおかげで、かなえの新たな土地での生活は、楽しみなものになります。

 

最後の方のページには、かなえと友達が楽しそうに遊んでいる姿があります。

 

タイトルも可愛らしい一冊です。

 

印象的なことば

 

あそびにいこう

 

女の子の言葉です。

 

女の子は、モジモジしながらも、勇気を出して、かなえを遊びに誘います。

 

きっと、この一言を言うのに、かなりの勇気が必要だったはずです。

 

この一言のおかげで、ふたりは友達になります。

 

感想

 

タイトルやイラストが、とても可愛らしい絵本です。

 

新しい土地での期待と不安、新しい友達を作る勇気が描かれていて、大人でもかなえに感情移入してしまいます。

 

大人になると、新しい友達の作り方をついつい忘れがちですが、この絵本を読むと、懐かしい気持ちと共に、新しい友達の作り方を思い出すことができます。

 

林明子さんの絵が大好きなのですが、この絵本でも魅力が炸裂しています。

 

女の子の表情が、リアルかつとても可愛らしいです。

 

本当に子どもの表情を的確に捉えていて、イキイキと描かれています。

 

裏表紙まで、可愛らしい一冊です。

 

 

とん ことり (こどものとも傑作集)

とん ことり (こどものとも傑作集)

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

はじめてのおつかい

『はじめてのおつかい』を読みました。

 

 

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

 

 

あらすじ

 

ある日、ママがみいちゃんに、ひとりでのおつかいを頼みます。

 

みいちゃんは、ひとりで出かけたことがなかったので、飛び上がります。

 

ママは、赤ちゃんの牛乳が必要だと言います。

 

みいちゃんは、ママにお金を貰って、うちを出ますが……。

 

みいちゃんのはじめてのおつかいが描かれた一冊です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、みいちゃんのはじめてのおつかいです。

 

ある日、みいちゃんはママにおつかいを頼まれて、牛乳を買いに出かけます。

 

外に出ると、自転車に乗った人や友だちのともちゃんに出くわします。

 

坂に来ると、みいちゃんは走り出そうとして、転んでしまいます。

 

みいちゃんは、お金を探し、見つけ出します。

 

そして、坂を登ると、やっとお店に着きます。

 

しかし、お店の人はなかなか出てきません。

 

違うお客さんがやってきて、次々に商品を買っていきますが、店の人はみいちゃんに気付きません。

 

みいちゃんが大きな声を出すと、ようやくお店の人が気付きます。

 

店のおばさんは、みいちゃんに何度も謝ります。

 

みいちゃんは、急にホッとして、我慢していた一粒の涙が頬を伝います。

 

みいちゃんは牛乳を受け取ると、走り出しますが……。

 

おばさんが追いかけてきて、おつりを渡します。

 

みいちゃんは、おつりを貰うのを忘れていました。

 

そして、坂の下では、ママが赤ちゃんを抱っこして、手を振っています。

 

この絵本では、みいちゃんにとってはじめてのおつかいが描かれています。

 

元気よく家を出て、おつかいに行ったみいちゃんですが、本当は緊張の連続で、店のおばさんに気付いてもらえたら、我慢していた涙が自然と溢れます。

 

はじめてのおつかいは、楽しく新鮮なものでもありますが、怖くて緊張するできごとでもあります。

 

その心情が、よく表現されています。

 

最後は、みいちゃんが無事に牛乳とおつりを貰って歩いていると、坂の下にママと赤ちゃんがいて、さぞかしみいちゃんはホッとしたことでしょう。

 

こうやって、少しずつ新たな体験を重ねて、子どもは大人になっていくのですね。

 

子どもが読むと共感できて、大人が読むと懐かしい気持ちになる一冊です。

 

印象的なことば

 

ぎゅうにゅうくださあい!

 

みいちゃんの言葉です。

 

お店のおばさんに気付いてもらうために、絞りだした大きな声で、みいちゃんはこう言います。

 

みいちゃの勇気が、ひしひしと伝わってくる言葉です。

 

感想

 

少女のはじめてのおつかいが描かれた絵本です。

 

かわいい表紙のイラストが印象的な、有名な絵本です。

 

私も子どもの頃に、読んだ記憶があります。

 

昔からある絵本ですが、今の子どもが読んでも共感できる、普遍的な作品になっています。

 

はじめてのおつかいは、誰もが体験するであろう出来事です。

 

それは、楽しいものでもあり、怖いことでもあります。

 

でも、やり終えた後には、ある種の達成感があるものです。

 

こうして、子どもは少しずつ経験値を増やしながら、大人になるのでしょう。

 

大人から子どもに読んであげたい一冊です。

 

 

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村