死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

クリスマスに読みたい絵本

12月になりました。

 

12月のイベントといえば、やはり「クリスマス」ですね。

 

毎年クリスマスになると、お店やラジオなどで、クリスマスソングがかかり、テンションが上がります。

 

また、カフェやレストランでは、クリスマス限定メニューが売り出されたり、ショップではクリスマス限定グッズが売り出されたりして、見ているだけでも楽しめます。

 

今回は、そんなクリスマスシーズンに読みたい絵本をご紹介します。

 

 

f:id:polaris016:20181201120333p:plain

 

 

 

クリスマスに読みたい絵本

 

 

さむがりやのサンタ

 

 

さむがりやのサンタ (世界傑作絵本シリーズ)

さむがりやのサンタ (世界傑作絵本シリーズ)

 

 

さむがりやのサンタさんが、お仕事をするお話です。

 

漫画のような形式になっていて、楽しく読むことができます。

 

さむがりやのサンタさんが、いい味出してます。

 

一緒に住んでる、猫や犬が可愛いです。

 

特に、サンタさんの日々の家での暮らしのシーンが好きです。

 

生活感がちゃんとあって、ブツブツ言いながらも、素敵な暮らしだなと思います。

 

また、サンタさんが美味しい紅茶を淹れてい時の至福の顔が最高です。

 

ブツブツ言いながらも、果たしてサンタさんは仕事を終えることができるのか……。

 

楽しく共感できる一冊です。

 

 

ちいさなもみのき

 

ちいさなもみのき (世界傑作絵本シリーズ)

ちいさなもみのき (世界傑作絵本シリーズ)

 

 

 

ちいさなもみのきと子どもたちの感動の物語です。

 

マーガレットワイズブラウンの絵本は、外れがありませんね。

 

この絵本も、子どもから大人まで読んでほしい一冊です。

 

絵本の中には、楽譜も付いていて、歌が歌えるようになっています。

 

クリスマスに読みたい名作です。

 

 

サンタクロースと小人たち

 

サンタクロースと小人たち (マウリ・クンナスの絵本)

サンタクロースと小人たち (マウリ・クンナスの絵本)

 

 

 

サンタクロースと小人たちの暮らしや、クリスマスにやることが詳細に描かれています。

 

作者のクンナスは、サンタと同じ国に住んで、何年も小人の生活を研究しているそうです。

 

そのため、物凄く詳しく小人たちの生活や、やるべきことが描かれています。

 

大型の本に、所狭しと書き込まれた小人たちは必見です。

 

クリスマスにみんなで読みたい一冊です。

 

 

以上が、クリスマスに読みたい絵本です。

 

気になった絵本があれば、是非読んでみてください。

 

絵本を読んで、クリスマスを楽しく過ごしましょう!

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

ぼちぼちいこか

『ぼちぼちいこか』を読みました。

 

 

ぼちぼちいこか

ぼちぼちいこか

 

 

あらすじ

 

カバくんは消防士にチャレンジしますが、重量オーバーではしごから落ちてしまいます。

 

次に、船乗りに挑戦しますが……。

 

カバくんの様々な職業に挑戦する姿が、ユーモラスに、そして前向きに描かれた作品です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、前向きなカバくんです。

 

カバくんは、様々な職業に挑戦しますが、失敗続きです。

 

普通だったら、途中でめげたり、落ち込んだりしてしまいますが、カバくんは違います。

 

次へ次へと、その視線は常に前向きです。

 

最後、色々とやり尽くした後も、カバくんならではのポジティブさで、絵本は終わります。

 

この、前向きな姿勢は、多くの方が勇気付けられると思います。

 

子どもにも、挫折した大人にも、オススメの絵本です。

 

また、この絵本のもうひとつの見どころは、イラストと言葉の化学反応です。

 

この絵本は、海外絵本なので、文章は翻訳されたものです。

 

しかし、元のイラストと、翻訳された言葉で、最高の化学反応が起きているのです。

 

ユーモラスなカバくんのイラストと、ほのぼのとした関西弁が、最高のコンビネーションになっています。

 

元の絵本は読んでいませんが、この日本の関西弁バージョンほど素晴らしいものは、ない気がします。

 

色々経験した大人ほど、味わい深い絵本かもしれません。

 

印象的なことば

 

ま、ぼちぼちいこか

ということや。

 

 

カバくんの、最後のページにある言葉です。

 

人生に対する、カバくんの姿勢が表された言葉ですね。

 

素晴らしい表現で、励まされる言葉でもあります。

 

感想

 

特に大人に突き刺さる、ほのぼのとした中でもメッセージ性のある絵本です。

 

タイトルに惹かれて読みましたが、期待通りの絵本でした。

 

サイズが小さな絵本なのですが、そこもまたいいです。

 

イラストもユーモラスで可愛くて、どこか哀愁漂う感じもいいです。

 

また、関西弁の言葉が、イラストにかなりマッチしていて、最高です。

 

関西弁の表現以外あり得ないような気もします。

 

ここまで、関西弁がいいと思った作品は、絵本でもそれ以外のジャンルでもなかなかありません。

 

そのくらい、この絵本にぴったりです。

 

読んだ後は、前向きになれる作品です。

 

 

ぼちぼちいこか

ぼちぼちいこか

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

【心があたたかくなる】冬に読みたい絵本

11月に入り、立冬も過ぎ、そろそろ冬の季節がやってきました。

 

今年は、暖冬と言われているくらいで、今の時期でもそこまで寒くないので、なかなか冬を実感しないかもしれません。

 

でも、段々と寒くなってくる冬だからこそ、気持ちはあたたかくいたい。

 

そんな時に読みたい、心があたたかくなる絵本を、今回はご紹介します。

 

 

f:id:polaris016:20181118104414j:plain

 

 

冬に読みたい絵本

 

 

しんせつなともだち

 

しんせつなともだち

しんせつなともだち

 

 

 

雪が降る中、こうさぎは食べ物を探しに出かけます。

 

そこで、かぶをふたつ見つけたうさぎは、ひとつ食べます。

 

そして、もうひとつをろばさんに持って行くと……。

 

タイトルの通り、親切な友達に心があたたまる一冊です。

 

動物たちも可愛くて、癒されます。

 

こういった、自然や仲間と共に暮らす、丁寧で優しい暮らしに憧れます。

 

 

トントントンをまちましょう

 

トントントンをまちましょう

トントントンをまちましょう

 

 

 

夕方から、雪が降り出します。

 

お母さんは、慌てて甘酒を作り出します。

 

みこちゃんが、「こんなにいっぱい、誰が飲むの?」と聞くと……。

 

トントントンと、ドアを叩く音がします。

 

日本的な冬のあたたかな雰囲気に包まれた一冊です。

 

甘酒も美味しそうで、やってくるお客さんも可愛くて、心がほっこりします。

 

理想的な家庭が描かれた一冊でもあります。

 

 

わたしのゆたんぽ

 

わたしのゆたんぽ

わたしのゆたんぽ

 

 

 

女の子とゆたんぽのお話です。

 

おかっぱの女の子が、ゆたんぽと格闘して、大冒険します。

 

イラストが素朴で味があって、可愛いいです。

 

また、ストーリーやキャラクターがユーモラスで、一度読むとその魅力にハマります。

 

日本の冬を見事に捉えていて、読むとなんともあたたかな気持ちになる一冊です。

 

 

だんろのまえで

 

だんろのまえで

だんろのまえで

 

 

 

男の子が山で道に迷っていると、大きな木のドアを見つけます。

 

そして、中に入ると、真っ暗で……。

 

動物と男の子の、暖炉の前での交流が描かれた一冊です。

 

この絵本は、読むとなんだか本当にあったかくなります。

 

動物も可愛くて、まるで木のお家は天国のようです。

 

うさぎの言葉も、深みがあります。

 

寒い冬におすすめの一冊です。

 

 

以上が、冬に読みたい絵本4冊です。

 

気になった絵本があれば、是非読んでみてください。

 

絵本を読んで、あたたかな気持ちで、冬を楽しく乗り切りましょう!

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

くまのトーマスはおんなのこ

『くまのトーマスはおんなのこ』を読みました。

 

 

くまのトーマスはおんなのこ ジェンダーとゆうじょうについてのやさしいおはなし

くまのトーマスはおんなのこ ジェンダーとゆうじょうについてのやさしいおはなし

 

 

あらすじ

 

エロールとくまのトーマスは、友達です。

 

ふたりは、毎日一緒に遊ぶ友達です。

 

ある日、エロールが目を覚ますと、お日さまの光が差し込んでいます。

 

エロールは、トーマスを公園に誘います。

 

しかし、トーマスは出かける気になれず……。

 

見どころ

 

今回の見どころは、多様性を認めることです。

 

公園に行く車中、エロールはトーマスを励ましますが、トーマスの気分は晴れません。

 

公園に着いても、楽しそうではないトーマス。

 

エロールは、トーマスに「話してごらん」と言います。

 

トーマスは、ためらいます。

 

しかし、エロールは「いつだってきみの友達」だと励まします。

 

そして、トーマスはエロールに話し始めます。

 

それは、トーマスが心は男の子じゃなくて、女の子だということでした。

 

エロールはトーマスを抱きしめ、エロール自身は気にしないこと、大事なのはトーマスが自分の友達だ、ということを言います。

 

トーマスの呼び名は、ティリーに変わり、エロールは2人の友達を呼びます。

 

その友達は、エイバという女の子です。

 

エロールは、ティリーのことを改めてエイバに紹介し、エイバも理解し、一緒に遊びます。

 

この絵本では、多様性を認める大切さが描かれています。

 

主人公のくまさんのティリーは、見た目は男の子でしたが、心は女の子なのです。

 

しかし、そのことをエロールに話したら、もう友達じゃなくなってしまうかもしれないと、真実を話せないでいました。

 

しかし、エロールの友情によって、ティリーは心を開き、真実を打ち明けます。

 

エロールはティリーのことを理解し、受け入れます。

 

本書は、トランスジェンダーを主題にした絵本です。

 

この絵本を、多くの方に読んでもらって、多様性を認め、理解する世の中になってほしいなと心から思います。

 

子どもはもちろんのこと、大人にも是非読んでほしい一冊です。

 

印象的なことば

 

ぼくはきにしないよ。

きみがおんなのこでもおとこのこでも。

だいじなのはきみがぼくのともだちってことさ

 

 

エロールの言葉です。

 

ティリーの言葉を受けて、エロールはこう言います。

 

多様性を理解している、素晴らしい言葉だと思います。

 

皆んなが、こんな言葉が言える、素敵な社会だったら、どれだけ素晴らしいだろうと思います。

 

エロールのような人が増えることを願います。

 

感想

 

トランスジェンダーがテーマの絵本です。

 

サブタイトルが、「ジェンダーとゆうじょうについてのやさしいおはなし」となっています。

 

まさにその通りで、ジェンダーと友情を題材に、やさしい物語になっています。

 

読み終えて、新しいタイプの絵本だと思いました。

 

こういった絵本が増えることで、多様性を理解する方が増えて、より良い社会になればいいなと願います。

 

最後のページには、中田せらさんの文章があります。

 

こちらも、是非読んでいただきたいです。

 

子どもから大人まで、幅広くお勧めしたい一冊です。

 

 

くまのトーマスはおんなのこ ジェンダーとゆうじょうについてのやさしいおはなし

くまのトーマスはおんなのこ ジェンダーとゆうじょうについてのやさしいおはなし

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

きのうをみつけたい!

『きのうをみつけたい!』を読みました。

 

 

きのうをみつけたい! (児童書)

きのうをみつけたい! (児童書)

 

 

あらすじ

 

少年は、昨日が楽しかったことを振り返ります。

 

そして、もう一度昨日に戻りたいと願います。

 

でも、どうやったら戻れるのでしょう。

 

少年は、あれこれ考えますが……。

 

見どころ

 

今回の見どころは、昨日よりも大切な今日です。

 

少年は、昨日に戻りたくて、様々なことを考えます。

 

そして、昔に戻れる穴を探していたところ、おじいちゃんに庭で出会います。

 

おじいちゃんは少年に、どうして昨日に戻りたいか聞きます。

 

少年は、「昨日が今までで一番楽しい日だった」と言います。

 

そこで、おじいちゃんは、自分の楽しかった過去のことを話し出します。

 

そして、昨日に戻らなくても、楽しい日はくるのだと、少年に伝えます。

 

少年とおじいちゃんは、今日の冒険に出発します。

 

この絵本では、昨日よりも大切な今日が描かれています。

 

少年は昨日に戻りたくて必死になって、昨日に戻る方法を探します。

 

そこで、おじいちゃんは、昨日よりも大切なことがあるのだと語ります。

 

それは、今日、今この瞬間です。

 

過去に楽しいこともあった。

 

でも、それに固執するのではなく、また楽しい日がくるから、今日を楽しもう。

 

そういったメッセージが込められた、絵本だと思います。

 

今を大事にすることを思い出させてくれる絵本です。

 

印象的なことば

 

そんなたのしい日は、どれもいいおもいでだよ。

だけど、きょう、またあたらしいぼうけんが  はじまるんだ。

きのうにもどらなくても、たのしい日はくるんだよ

 

 

おじいちゃんの言葉です。

 

昨日にこだわっていた少年に、こう優しく語りかけます。

 

素敵なおじいちゃんですね。

 

感想

 

昨日よりも大切なことを、教えてくれる絵本です。

 

絵も言葉も素敵で、アリソン・ジェイの他の作品も読みたくなりました。

 

孫とおじいちゃんの心温まる物語になっています。

 

過去よりも今を、大切に生きようと思える作品です。

 

大人は、過去を思い出したり、未来を考え過ぎたりしがちですが、この絵本は、そんな大人にこそお勧めしたい一冊です。

 

 

きのうをみつけたい! (児童書)

きのうをみつけたい! (児童書)

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

フレデリック

フレデリック』を読みました。

 

 

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし

 

 

あらすじ

 

あるところに、古い石垣がありました。

 

その石垣の中は、おしゃべりのねずみの家でした。

 

冬が近づき、のねずみたちは食料をあつめるために、昼も夜も働きます。

 

ただ、フレデリックだけは別で……。

 

見どころ

 

今回の見どころは、食料以外に役立つものです。

 

フレデリックは、みんなが食料を集めている間、サボっているように見えました。

 

でも、違ったのです。

 

フレデリックは、お日さまの光や色、さらに言葉を集めていたのです。

 

そして、冬になり、みんなは隠れ家にこもります。

 

最初は、食料を食べながら、楽しく談笑していたのねずみたち。

 

しかし、次第に食料は減り、寒くて凍えそうになります。

 

みんなは、フレデリックが集めたものについて尋ねます。

 

すると、フレデリックはおひさまや色をみんなに思い出させます。

 

さらに、言葉も披露して、みんなはフレデリックを褒め称え、フレデリックが何をしていたのか理解します。

 

この絵本では、フレデリックが食料以外に役立つものを集めていたことが描かれています。

 

ただサボっているように見えたフレデリックも、みんなのために貢献していました。

 

まず、生きるためには食料が必要不可欠です。

 

フレデリックが集めた、光や色、言葉は、食料と比べると優先順位が劣るかもしれません。

 

しかし、最後にはそれらが役に立って、みんなの心が豊かになります。

 

普段はあまり気にしないものが、本当は役に立つのかもしれません。

 

それを知っていたフレデリックは、きっと心が豊かなのでしょうね。

 

印象的なことば

 

おどろいたなぁ、フレデリック。きみってしじんじゃないか!

 

のねずみの仲間の言葉です。

 

仲間は、フレデリックのやっていたことを理解し、フレデリックを褒めます。

 

素敵な仲間たちですね。

 

感想

 

有名なレオ=レオニの一冊です。

 

かわいいのねずみのキャラクター、フレデリックを知っている方は多いと思います。

 

私も子どもの頃に読んだ記憶がありますが、大人になって改めて読むと新鮮でした。

 

また、内容がはっきりと心に入ってくるような感じがしました。

 

人生経験を積んで、理解が深まったのかもしれません。

 

そうだといいな(笑)

 

いずれにせよ、時代を超えて愛される絵本です。

 

 

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ』を読みました。

 

 

かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ

 

 

あらすじ

 

ある晩、マックスはオオカミのぬいぐるみを着ると、いたずらを始めます。

 

マックスは大あばれして、お母さんに怒られます。

 

とうとう、マックスは夕ご飯抜きで、寝室に放り込まれます。

 

すると、寝室に木が生え出して……。

 

見どころ

 

今回の見どころは、かいじゅうたちの世界です。

 

マックスはいたずらをしたせいで、寝室に放り込まれます。

 

すると、寝室に木が生え出し、辺りはすっかり森になります。

 

そこへ、波が打ち寄せて、マックスの船を運んできて、マックスは船に乗って航海します。

 

1年と1日航海すると、かいじゅうたちのいるところに着きます。

 

そこで、マックスはかいじゅうたちの王さまになります。

 

マックスとかいじゅうたちは、かいじゅうおどりを始めます。

 

しかし、マックスは疲れて、かいじゅうたちを眠らせます。

 

すると、マックスは寂しくなって、優しい誰かさんのところへ帰りたくなります。

 

そのとき、遠い世界の向こうから、美味しいにおいが流れてきて……。

 

マックスは、かいじゅうたちの王さまをやめて、帰ることにします。

 

ところが、かいじゅうたちは泣いてそれを阻止しようとします。

 

しかし、マックスはさっさと船に乗り、手を振ります。

 

それから、1年と1日航海すると、いつのまにか自分の寝室に着きます。

 

そこには、ちゃんと夕ご飯があり、まだほかほかと温かいのでした。

 

この絵本では、マックスがかいじゅうたちの世界に入り込む冒険が描かれています。

 

モーリス・センダックの描くかいじゅうたちは、怖いけど、どこかユーモラスでかわいく感じます。

 

そんな「怖かわいい」かいじゅうたちの世界は、独創的で面白いです。

 

特に、マックスとかいじゅうたちのダンスは必見です。

 

画面いっぱいに描かれた、かいじゅうたちのダンスする姿は、迫力満点です。

 

大人も子どもも楽しめる一冊です。

 

印象的なことば

 

かいじゅうおどりをはじめよう!

 

マックスの言葉です。

 

マックスはかいじゅうたちの王さまなので、この言葉を皮切りに、みんなはダンスを始めます。

 

かいじゅうおどりは必見です。

 

感想

 

かいじゅうたちの世界がユーモラスに描かれた一冊です。

 

子どもの頃に、この絵本を見たときは、かいじゅうたちがなんだか怖くて、読めませんでした。

 

その独特の怖さや世界観が、この絵本の味なのだと、大人になったいまはわかります。

 

さらに、一度読むとクセになって、何度でも見返したくなる楽しさがあります。

 

この絵本をもとにして作られた、スパイク・ジョーンズ監督の実写映画もあります。

 

かいじゅうたちのいるところ [Blu-ray]

かいじゅうたちのいるところ [Blu-ray]

 

 

 

私はまだ見ていないのですが、監督がスパイク・ジョーンズということもあり、以前から気になっていました。

 

さらに、サントラはヤーヤーヤーズのカレンOが手掛けているそうです。

 

 

かいじゅうたちのいるところ-オリジナル・サウンドトラック

かいじゅうたちのいるところ-オリジナル・サウンドトラック

 

 

 

ラジオで、このサントラの曲を聞いたことがあるのですが、いい感じでした。

 

ヤーヤーヤーズは、もともと聞いていて、好きなバンドでもあったので、映画と音楽どちらも気になります。

 

映画のインスピレーション源になるほどの名作絵本です。

 

 

かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村