死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

【読書の秋】秋に読みたい絵本

少しずつ秋の雰囲気になりつつありますね。

 

秋といえば、人それぞれ色んな楽しみ方がありますね。

 

食欲の秋だったり、ファッションの秋だったり、芸術の秋だったりと、人によってその楽しみ方は様々です。

 

その中でも、やはりなんといっても「読書の秋」です。

 

私は一年を通して本を読みますが、それでも秋は読書にぴったりな季節だと思います。

 

今回は、そんな読書の秋に読みたい絵本をご紹介します。

 

 

f:id:polaris016:20180922094411p:plain

 

 

秋に読みたい絵本

 

 

14ひきのあきまつり

 

 

14ひきのあきまつり (14ひきのシリーズ)

14ひきのあきまつり (14ひきのシリーズ)

 

 

お馴染みの、14ひきのシリーズです。

 

今回は、秋の森が舞台となり、かくれんぼやあきまつりが繰り広げられます。

 

秋の森が、豊かな色彩で描かれていて、秋の魅力が余すところなく詰まっています。

 

動物たちも可愛くて、「自然っていいな」と心から思える作品です。

 

まさに秋の実りが詰まった絵本です。

 

 

ファーディとおちば

 

 

ファーディとおちば

ファーディとおちば

 

 

こぎつねのファーディと、友達の木のお話です。

 

季節が変わり、友達の木が茶色くなり、葉っぱが段々取れていきます。

 

ファーディは木のことが心配になり……。

 

こぎつねのファーディの優しさと、自然の美しさに、心温まる一冊です。

 

秋の風景を堪能できる絵本です。

 

こんくんのおんがくはっぴょうかい

 

 

 

きつねのこんくんが、渡り鳥たちと音楽発表会をする物語です。

 

こんくんは、オカリナを吹いています。

 

すると、みんなが集まってきます。

 

こんくんは、渡り鳥たちと、秋になったら音楽発表会をする約束をしていました。

 

渡り鳥は、秋になると村にやってくるのです。

 

そのため、こんくんは秋を待っているのですが……。

 

つんつくむらでの、秋の到来が描かれた、楽しい一冊です。

 

この絵本を読んで、「秋っていいな」としみじみ思いました。

 

動物たちのキャラクターも良くて、こんな村で暮らしてみたいと思います。

 

楽しくて、心が温かくなる、そんな一冊です。

 

お気に入りの絵本です。

 

 

やきいもの日

 

 

やきいもの日

やきいもの日

 

 

仲良しの友達れいちゃんと、ケンカをしてしまった女の子りっちゃん。

 

りっちゃんは怒りながら、公園の落ち葉に潜り込んで、小さかった頃のふたりを思い出します。

 

そこに、愛犬ナッツがやってきて、家に帰ることにします。

 

家に帰ると、そこにはたき火をするおじいちゃんとれいちゃんがいて……。

 

多くの人が子ども時代に経験したであろうことが、秋の空気感と共に、きれいに描かれています。

 

優しいおじいちゃんが素敵です。

 

そして、やきいもが美味しそうです。

 

秋の匂いがする一冊です。

 

 

以上が、秋に読みたい絵本です。

 

気になった絵本があれば、ぜひ読んでみてください。

 

絵本を読んで、秋をさらに楽しく過ごしましょう。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村