死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

はじめてのおつかい

『はじめてのおつかい』を読みました。

 

 

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

 

 

あらすじ

 

ある日、ママがみいちゃんに、ひとりでのおつかいを頼みます。

 

みいちゃんは、ひとりで出かけたことがなかったので、飛び上がります。

 

ママは、赤ちゃんの牛乳が必要だと言います。

 

みいちゃんは、ママにお金を貰って、うちを出ますが……。

 

みいちゃんのはじめてのおつかいが描かれた一冊です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、みいちゃんのはじめてのおつかいです。

 

ある日、みいちゃんはママにおつかいを頼まれて、牛乳を買いに出かけます。

 

外に出ると、自転車に乗った人や友だちのともちゃんに出くわします。

 

坂に来ると、みいちゃんは走り出そうとして、転んでしまいます。

 

みいちゃんは、お金を探し、見つけ出します。

 

そして、坂を登ると、やっとお店に着きます。

 

しかし、お店の人はなかなか出てきません。

 

違うお客さんがやってきて、次々に商品を買っていきますが、店の人はみいちゃんに気付きません。

 

みいちゃんが大きな声を出すと、ようやくお店の人が気付きます。

 

店のおばさんは、みいちゃんに何度も謝ります。

 

みいちゃんは、急にホッとして、我慢していた一粒の涙が頬を伝います。

 

みいちゃんは牛乳を受け取ると、走り出しますが……。

 

おばさんが追いかけてきて、おつりを渡します。

 

みいちゃんは、おつりを貰うのを忘れていました。

 

そして、坂の下では、ママが赤ちゃんを抱っこして、手を振っています。

 

この絵本では、みいちゃんにとってはじめてのおつかいが描かれています。

 

元気よく家を出て、おつかいに行ったみいちゃんですが、本当は緊張の連続で、店のおばさんに気付いてもらえたら、我慢していた涙が自然と溢れます。

 

はじめてのおつかいは、楽しく新鮮なものでもありますが、怖くて緊張するできごとでもあります。

 

その心情が、よく表現されています。

 

最後は、みいちゃんが無事に牛乳とおつりを貰って歩いていると、坂の下にママと赤ちゃんがいて、さぞかしみいちゃんはホッとしたことでしょう。

 

こうやって、少しずつ新たな体験を重ねて、子どもは大人になっていくのですね。

 

子どもが読むと共感できて、大人が読むと懐かしい気持ちになる一冊です。

 

印象的なことば

 

ぎゅうにゅうくださあい!

 

みいちゃんの言葉です。

 

お店のおばさんに気付いてもらうために、絞りだした大きな声で、みいちゃんはこう言います。

 

みいちゃの勇気が、ひしひしと伝わってくる言葉です。

 

感想

 

少女のはじめてのおつかいが描かれた絵本です。

 

かわいい表紙のイラストが印象的な、有名な絵本です。

 

私も子どもの頃に、読んだ記憶があります。

 

昔からある絵本ですが、今の子どもが読んでも共感できる、普遍的な作品になっています。

 

はじめてのおつかいは、誰もが体験するであろう出来事です。

 

それは、楽しいものでもあり、怖いことでもあります。

 

でも、やり終えた後には、ある種の達成感があるものです。

 

こうして、子どもは少しずつ経験値を増やしながら、大人になるのでしょう。

 

大人から子どもに読んであげたい一冊です。

 

 

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村