死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

【映画化・児童書】ワンダー

『ワンダー』を読みました。

 

ワンダー Wonder

ワンダー Wonder

 

 

あらすじ

 

オーガストは、生まれつき顔が人とは違います。

 

オーガストは、今まで家でお母さんに勉強を教えてもらっていて、学校に行ったことがありませんでした。

 

しかし、5年生になる年に、学校に通うことになり……。

 

読みどころ

 

今回の読みどころは、見た目よりも大切なことです。

 

本書は、いくつかの章で構成されています。

 

章ごとに、別の登場人物の視点から、物語が語られています。

 

登場人物は、主人公のオーガストから、姉のオリヴィア、友達のサマーやジャックなど、オーガストの周りの人々がメインです。

 

物語は、オーガストが入った学校での生活をメインに、進んでいきます。

 

そこでは、オーガストの顔が理由で、辛いできごとも起こります。

 

しかし、最後はオーガストが、校長先生に表彰されます。

 

仲間もたくさんできます。

 

そうなったのは、見た目よりも大切なことがあるからです。

 

人は、見た目で人を判断しがちです。

 

しかし、見た目以上に大切なこともあります。

 

それは、その人の中身です。

 

人柄と言い換えることもできます。

 

オーガストの顔は、病気や手術などによって、特異な顔をしています。

 

しかし、オーガストは、ユーモアがあって面白くて、勉強もできて、素直ないい子で、何よりも勇敢な子です。

 

そのため、最初はオーガストのことを避けたり、あまり良く思っていなかった子も、オーガストと接するようになると、その魅力に気づきます。

 

オーガストは、ハンデがありながらも、その人柄で、人生を切り開いていきます。

 

見た目よりも大切なことを学べる一冊です。

 

印象的なことば

 

世界中のだれもが、一生に一度はスタンディング・オベーションを受けるべきだ。

だって人は必ずこの世に打ち勝つんだから。

 

 

オーガストの格言です。

 

国語の授業で、先生は生徒たちに格言の課題を出します。

 

最後のページには、色々な生徒の格言が書かれています。

 

その中で、最後にあるのがオーガストの格言です。

 

感動的な格言で、物語を読むとさらに心に響きます。

 

感想

 

何年か前に、都内の大きな書店で見つけて、本書を買いました。

 

表紙のイラストが印象的でした。

 

でも、すぐには読めませんでした。

 

当時は、そこまで時間の余裕がなかったのもありますが……。

 

本の内容を少し知っていただけに、正直怖くて読めませんでした。

 

感動作とは書いてあったけど、どんなにつらいことが起こるか、想像してしまってダメでした。

 

その後、本は読めないままでしたが、色々な場所で本書を目にしました。

 

美術館のショップに置いてあるのを見たこともあります。

 

それから、今年に入り、映画館で映画の予告編を見ていると、なんとワンダーが映画化されていました!

 

余裕が出てきた現在。

 

読むなら今かなと思い、読み始めました。

 

第1章は、読むのが少し辛かったのですが、読み進めていくうちに、段々と辛さも薄まり、物語にのめり込んでいきました。

 

様々な登場人物の視点から物語が語られるので、面白く読み進めることができました。

 

オーガストは顔が人と違う悩みを抱えているけど、悩みを抱えているのはオーガストひとりではなく、みんな同じなんだと思いました。

 

色々な人の気持ちや本音がリアルで、物語をより豊かなものにしています。

 

オーガストも、ユーモアがあって、勇敢で、素直ないい子で、すっかりファンになりました。

 

映画版も、見てみたいなと思いました。

 

ひとりでも多くの人に読んでほしい名作です。

 

 

ワンダー Wonder

ワンダー Wonder

 

 

 

 

映画は、もうすぐ公開なので、気になった方は是非!

 

wonder-movie.jp

 

お父さんとお母さんのキャスティングが、イメージにぴったりです。

 

 

ちなみに、ワンダーの続編もあります。

 

 

もうひとつのワンダー

もうひとつのワンダー

 

 

 

前作では描かれなかった、3つのストーリーが描かれています。

 

 

さらに、絵本も出版されています。

 

 

みんな、ワンダー

みんな、ワンダー

 

 

 

それぞれのワンダーの作品世界を、味わってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村