死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

かこさとしさんの絵本

今年の5月に、92歳で亡くなった絵本作家・児童文化研究家の加古里子さん。

 

亡くなられた後、様々なメディアで加古さんの特集を見る度に、改めて偉大な絵本作家だったのだと感じました。

 

そこで、今回はこのブログでも、加古里子さんの絵本をご紹介したいと思います。

 

 

加古里子さんの絵本3冊

 

からすのおかしやさん

 

からすのおかしやさん (かこさとしおはなしのほん)
 

 

『からすのパンやさん』のつづきの作品です。

 

大きくなった、チョコくんが主人公の絵本です。

 

いずみがもりには、からすのパンやさんがあります。

 

父さんからすと母さんからすがパンを焼き、子どもたちがパンを売っていました。

 

ある日、父さんからすと母さんからすが、山形にお見舞いに行くことになります。

 

子どもたちは、留守番することになり……。

 

リーダーのチョコくんが、ミミちゃんや兄弟と協力して、おかしやさんが繁盛するお話です。

 

さらには、お菓子の指導を担当したミミちゃんとチョコくんが、最後には結婚します!

 

色とりどりのお菓子が美味しそうな、楽しい一冊です。

 

 

だるまちゃんとてんぐちゃん

 

 

だるまちゃんとてんぐちゃん

だるまちゃんとてんぐちゃん

 

 

 

だるまちゃんとてんぐちゃんが遊んでいます。

 

だるまちゃんは、てんぐちゃんのうちわが羨ましくなります。

 

家に帰ると、だるまどんがたくさんうちわを出してくれますが……。

 

だるまちゃんとてんぐちゃん、2人の仲の良さが伝わってくる絵本です。

 

この絵本では、だるまちゃんがてんぐちゃんの持ち物に憧れて、自分もすてきな持ち物をどんどん身に付ける姿が描かれています。

 

最後には、だるまちゃんが満足して、ふたりは仲良く遊びます。

 

イラストが可愛くて、だるまちゃんの優しい家族にも、思わず微笑んでしまいます。

 

 

だるまちゃんとかみなりちゃん

 

だるまちゃんとかみなりちゃん (こどものとも絵本)

だるまちゃんとかみなりちゃん (こどものとも絵本)

 

 

 

 

だるまちゃんが外に遊びに行こうとすると、雨が降ってきます。

 

さらに、変なものが落ちてきます。

 

そこに、かみなりちゃんが落ちてきて……。

 

だるまちゃんとかみなりちゃんが、コンビの絵本です。

 

だるまちゃんが遊びに行く、かみなりちゃんたちの世界が、近未来的で素敵です。

 

見ていて飽きることのない、楽しい一冊です。

 

以上が、加古里子さんの絵本3冊でした。

 

感想

 

加古さんの絵本は、どれもわかりやすくて、楽しい絵本です。

 

加古さんは、児童文化の研究もされていたということで、子ども向けの絵本がメインなのですが、それらは大人が読んでも楽しくて、子どもの頃に戻ったような楽しさや幸福感が詰まっています。

 

まさに、不朽の名作です。

 

これからも、加古さんの絵本は、多くの子どもから大人に親しまれ続けるでしょう。

 

子どもに読み聞かせたい絵本たちです。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村