死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

タンポポ あの日をわすれないで

タンポポあの日をわすれないで』を読みました。

 

タンポポ―あの日をわすれないで (えほんのもり)

タンポポ―あの日をわすれないで (えほんのもり)

 

 

あらすじ

 

まいちゃんは、家族が手を振る中、走りながらスクールバスの方へ向かいます。

 

いつもの1日のはじまりです。

 

バスに乗ると、友達のさきちゃんとおしゃべりしながら、学校へ向かいます。

 

ところが、午後の国語の時間中に……。

 

東日本大地震が描かれた絵本です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、子供たちの友情です。

 

仲良しのまいちゃんとさきちゃん。

 

震災が起きても、ふたりは一緒に生き延びます。

 

幸いにも、まいちゃんの家族は、無事でした。

 

しかし、残念ながら、さきちゃんのお父さんと弟は、津波にのまれて、亡くなってしまいました。

 

さきちゃんは、広島の親戚の家に行くため、転校することになり、みんなにお別れを言います。

 

放課後、まいちゃんとさきちゃんは、校庭に出ます。

 

まいちゃんは、さきちゃんの弟のために、タンポポをつんで渡します。

 

ふたりは、亡くなったみんなのことを思い出し、みんなのためにタンポポをつみます。

 

さきちゃんは、いつか必ずこの町に帰ると、まいちゃんに言い、にっこり笑います。

 

まいちゃんも笑い、タンポポが一斉に揺れます。

 

この絵本では、震災が起きても、変わらない子供たちの友情が描かれています。

 

そして、その希望の光として、タンポポが物語に花を添えています。

 

震災が起きたことによって、離れ離れになってしまった人々。

 

まいちゃんと友達のさきちゃんも、さきちゃんが転校するため、離れ離れになってしまいます。

 

しかし、それでも友情はなくなりません。

 

離れていても、故郷や友達を思う心はなくならないのです。

 

そんな場所や友達がいるからこそ、離れ離れになっても、遠い土地に行っても、生きていけるのかもしれません。

 

過酷な状況でも、友達を思う心を持った子供たちに、涙してしまいます。

 

印象的なことば

 

あたし、いつかかならず、この町にかえってくるからね

 

さきちゃんの言葉です。

 

震災が起きて、人も家もなくなっても、やはり故郷は故郷です。

 

大事な友達も思い出も、みんな故郷にあります。

 

なんとも、力強いさきちゃんの言葉です。

 

感想

 

東日本大地震を題材に、子供たちの友情が描かれた絵本です。

 

過酷な状況に心が痛みますが、子供たちの素直な明るさや、友情が描かれているので、希望の光が見える作品になっています。

 

強固なふたりの絆が、羨ましいです。

 

友情は、生きる希望になるのだなと、改めて思いました。

 

タイトルにもなっている、タンポポは、可愛らしいだけでなく、力強さも秘めていると感じます。

 

特に、若い読者に読んでほしい一冊です。

 

 

タンポポ―あの日をわすれないで (えほんのもり)

タンポポ―あの日をわすれないで (えほんのもり)

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村