死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

かぜのでんわ

『かぜのでんわ』を読みました。

 

かぜのでんわ

かぜのでんわ

 

 

あらすじ

 

山の上に、一台の電話が置いてあります。

 

この電話は、もう会えなくなった人に、自分の思いを伝えると、必ずその人に届くと言われています。

 

今日も、山を登って誰かがやってきて……。

 

実際にある「風の電話」を題材にした、感動の絵本です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、自分の思いを伝えることです。

 

山の上に、一台の電話が置いてあります。

 

その電話は、会えなくなった人に気持ちを伝えると、必ずその人に届くと言われています。

 

その電話を目指して、様々な動物たちがやってきます。

 

お兄ちゃんをなくしたたぬきのぼうや、子どもをなくしたうさぎのお母さんなど、様々な思いを持つ動物たちがやってきて、思い思いに気持ちを伝えます。

 

ある寒い夜のこと。

 

くまのおじいさんが眠っていると、どこかで電話がなります。

 

おじいさんは、山の上の電話を設置した本人でした。

 

おじいさんが、電話の音の方へ向かうと……。

 

なんと、山の上の電話がなっていました。

 

この電話は、線が繋がっていないのです。

 

そして、おじいさんが受話器を取ると……。

 

雪が止み、数えきれないほどの星が、輝き始めます。

 

おじいさんは、「みんなの思いが届いたんだ」と喜びます。

 

この絵本では、実際にある風の電話を題材に、様々な動物たちの思いが表現されています。

 

どの動物も、悲しみを抱えながらやってきて、電話で思いの丈を伝えます。

 

電話は、線が繋がっていないので、誰かと話せるわけではありません。

 

それでも、多くの動物がやってきて、もう会えなくなった誰かに届くと信じて、思いを伝えます。

 

自分の思いを伝えるだけでも、心が浄化されることはあるはずです。

 

さらに、言霊という言葉がある通り、声に出した言葉は、目には見えないパワーを持っているのだと思います。

 

例え、もう会えなくなった人でも、その思いは届くのだと、私は信じています。

 

もし届かなかったとしても、その思いを伝えるという行為には、大切な意味があるのだと思います。

 

自分の思いを誰かに伝えたくなる、そんな一冊です。

 

印象的なことば

 

とどいたんだ!みんなのおもいがとどいたんだ!

 

くまのおじいさんの言葉です。

 

山の上の電話がなり、受話器を取ると、雪が止んで、星が輝きます。

 

おじいさんの、嬉しい気持ちが伝わってくる言葉です。

 

感想

 

会えなくなった人に、電話を通じて動物たちが気持ちを伝える、感動の絵本です。

 

この絵本は、作者のいもとようこさんの展覧会で知って、感動して購入しました。

 

この絵本の題材になった、「風の電話」は、岩手県大槌町に実際にあるそうです。

 

ガーデンデザイナーの佐々木さんが、自宅の庭に作ったそうです。

 

佐々木さんが、震災前から考えていたそうですが、心の復興のきっかけとなればと思い、実現させたそうです。

 

すごく素敵なアイデアだと思います。

 

風の電話のことは、以前からニュースなどで見聞きして、知っていたのですが、この絵本を読んで、さらに素晴らしいなと思いました。

 

この電話で思いを伝えることで、救われた人がたくさんいると思います。

 

この絵本は、子どもから大人まで、多くの人に読んでほしい一冊です。

 

 

かぜのでんわ

かぜのでんわ

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村