死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

あさになったのでまどをあけますよ

『あさになったのでまどをあけますよ』を読みました。

 

あさになったのでまどをあけますよ

あさになったのでまどをあけますよ

 

 

あらすじ

 

朝になったので、窓を開けます。

 

山や木は、いつも通りそこにいます。

 

だから、僕はここが好きなのです。

 

日常の美しさが描かれた一冊です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、日常の尊さです。

 

この絵本では、各地で暮らす人々が、朝になって窓を開けて、そこにある風景を眺める様子が描かれています。

 

そこには、綺麗な自然、或いはにぎやかな都会の風景が広がっています。

 

朝起きて、何気なく窓を開けるという行為も、自分自身が健康で、まわりも安全だからできる行為です。

 

当たり前のようにしていることも、実は価値があって、そこから見える日常の風景はとても美しくて、尊いのです。

 

この絵本を読んでいると、そんな日常の美しさや尊さを改めて感じます。

 

印象的なことば

 

きみのまちははれてるかな?

 

この言葉は、この絵本で2回登場します。

 

どちらも、そのページには大きな山がある自然が描かれています。

 

友達や大切な人を想像した、言葉でしょう。

 

言葉に、想像力や思いやりが込められているようです。

 

感想

 

日常の尊さが表現された絵本です。

 

この絵本は、3.11の震災が起こった年に出版されています。

 

直接的には震災のことは描かれていませんが、この日常の尊さが描かれた絵本が、人々の希望の光になっているはずです。

 

絵がきれいで、見ていて心がじんわりと温かくなってきます。

 

表紙の花の絵も、気持ちが明るくなります。

 

プレゼントとして贈るのもいいと思います。

 

 

あさになったのでまどをあけますよ

あさになったのでまどをあけますよ

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村