死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

かあさんをまつふゆ

『かあさんをまつふゆ』を読みました。

 

かあさんをまつふゆ

かあさんをまつふゆ

  • 作者: ジャクリーンウッドソン,E.B.ルイス,Jacqueline Woodson,E.B. Lewis,さくまゆみこ
  • 出版社/メーカー: 光村教育図書
  • 発売日: 2009/12
  • メディア: ハードカバー
  • クリック: 5回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

あらすじ

 

母さんは、よそゆきの服をかばんに入れています。

 

そして、母さんは、シカゴに行くことを、娘に告げます。

 

母さんが、娘を抱きしめます。

 

それから、娘はおばあちゃんと一緒に、母さんの帰りを待ちます……。

 

お母さんの帰りを待つ、娘の冬の日々が描かれた絵本です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、大切な人を待つ時間です。

 

この絵本では、主人公の少女エイダが、戦時下で出稼ぎに行った母を、おばあちゃんと一緒に待つ姿が描かれています。

 

お母さんを待つ時間は長く心細いものですが、おばあちゃんやのら猫のお陰で、気持ちが少しは明るくなります。

 

そんなエイダの日常が、冬の光景とともに、静かに描かれています。

 

どことなく、心細さや寂しさが絵本の中にありますが、最後の方でお母さんからの手紙とお金が届くと、嬉しさや幸福感が絵本から溢れ出します。

 

大切な人を待つ時間は、長くて寂しいものですが、そんな時間にも意味があるのだということが伝わってきます。

 

絵画のような絵で表現された、冬の暮らしの光景と、お母さんを待つ健気な少女の姿が印象的な絵本です。

 

印象的なことば

 

せかいはひろくて大きいんだよ

 

おばあちゃんの言葉です。

 

孫に、世界はここだけじゃなくて、もっと広くて大きいのだということを伝えたかったのでしょう。

 

その言葉を受けて、少女は「いつか広い世界を見に行こう」と思います。

 

視野が広がる言葉です。

 

感想

 

お母さんの帰りをまつ、娘の物語です。

 

最後は、幸せな終わり方でよかったです。

 

冬の景色がきれいで、静かにゆっくりと時間が流れていくのを感じることができる絵本です。

 

戦時下で、食料があまりないとは思うのですが、この絵本に登場するココアやパン、シチューなどの食料が、どれもとても美味しそうに感じます。

 

お母さんの帰りを待つという辛い日々の中でも、健気に生きる少女や景色が美しくて、絵本の世界に引き込まれてしまいます。

 

今までにあまり読んだことのないタイプの絵本で、新鮮に感じました。

 

なんだか、映画を見ているような感じがします。

 

子どもだけでなく、大人にも読んで欲しい一冊です。

 

 

かあさんをまつふゆ

かあさんをまつふゆ

  • 作者: ジャクリーンウッドソン,E.B.ルイス,Jacqueline Woodson,E.B. Lewis,さくまゆみこ
  • 出版社/メーカー: 光村教育図書
  • 発売日: 2009/12
  • メディア: ハードカバー
  • クリック: 5回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村