死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

ひみつのカレーライス

『ひみつのカレーライス』を読みました。

 

ひみつのカレーライス

ひみつのカレーライス

 

 

あらすじ

 

フミオの家族は、カレーライスが大好きです。

 

今日もみんなでおいしく食べています。

 

そのとき、フミオの口の中から、小さな黒い粒がでてきて……。

 

カレーのたねをめぐる、不思議な物語です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、カレーライスへの愛情です。

 

フミオの家族は、カレーライスが大好きです。

 

ある日、みんなでカレーライスを食べていると、フミオの口からカレーのたねがでてきます。

 

それから、お父さんは庭にカレーのたねをうめて、家族みんなでカレーの木を育てます。

 

やがて、カレーの木は、おさらのはっぱや福神漬けの花が実ります。

 

そして、家族みんなで一生懸命世話をしたおかげで、ついにカレーの実とライスの実ができます。

 

フミオの家族は、実を収穫し、カレーを食べることにします。

 

そこに、街じゅうの人が飛び込んできて、みんなでカレーライスを食べることになります。

 

この絵本では、カレーライスが大好きな家族が、カレーの木を育てる様子が描かれています。

 

そこには、カレーに対する愛情が詰まっています。

 

カレーの木の世話をする、家族のみんながとても楽しそうです。

 

また、カレーの木は発想が面白く、登場するカレーもおいしそうで、作者の方もカレー好きなのではないかと思います。

 

カレーライスに対する愛情が詰まった一冊です。

 

印象的なことば

 

うむむむ、よろしい!

きょうだけ、うちはカレー屋さんです!

 

 

お父さんの言葉です。

 

街の人々が、カレーライスを食べさせてほしいと、やってきたときに、お父さんはこう言います。

 

もしかしたら、本当は家族だけで楽しみたかったのかもしれません。

 

しかし、お父さんは優しい心の持ち主で、みんなにカレーを分けてあげます。

 

感想

 

カレーが大好きな家族が繰り広げる、カレーの木のお話です。

 

表紙に、画面いっぱいにカレーが描かれていて、とてもおいしそうなので、思わず手に取りました。

 

この絵本に登場するカレーは、日本の家庭の正統派なカレーライスで、本当においしそうです。

 

カレーの木は、とてもユニークで、面白いなと感じました。

 

こんな木があったら、いいのにと思います。

 

また、家族の仲の良さも伝わってきて、心が温まります。

 

カレー好きにはたまらない絵本です。

 

 

ひみつのカレーライス

ひみつのカレーライス

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村