死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

【映画公開中】ピーターラビットの絵本の世界

今回は、現在映画も公開されている、「ピーターラビット」の世界を、絵本をメインにご紹介したいと思います。

 

 

 

ピーターラビットやその絵本シリーズは、有名なので、ほとんどの方がご存知だと思います。

 

念のため、ピーターラビットは、ビアトリクス・ポターが生み出した、絵本のキャラクターです。

 

ピーターラビットの絵本を、子どもの頃読んだことがある方は、たくさんいると思います。

 

私も、子どもの頃にピーターラビットの絵本を読んだ記憶があります。

 

可愛らしい動物や美しい自然のイラスト、さらに楽しいストーリーは、読者の心をつかんで離しません。

 

ピーターラビットは子どもから大人まで愛されていて、関連書籍や商品などもたくさん出ています。

 

そこで、今回は、子どもから大人まで楽しめる3冊をご紹介したいと思います。

 

ピーターラビットの絵本3冊

 

 

ピーターラビットのおはなし

 

 

ピーターラビットのおはなし (ピーターラビットの絵本 1)

ピーターラビットのおはなし (ピーターラビットの絵本 1)

 

 

 

ピーターラビットの絵本の第1集に収められている、おはなしです。

 

ピーターラビットを初めて読む方には、まずおすすめしたいのがこちらです。

 

いたずら好きのピーターが、マクレガーさんの畑で逃げ回る様子が描かれたおはなしです。

 

ピーターラビットの性格や日常が、よくわかる一冊です。

 

サイズはかなりコンパクトで、持ち運びにも便利です。

 

イラストがとても可愛くて、心が温まります。

 

 

こねこのトムのおはなし

 

こねこのトムのおはなし (ピーターラビットの絵本 4)

こねこのトムのおはなし (ピーターラビットの絵本 4)

 

 

 

 

猫好きな方は必見の、「こねこのトムのおはなし」です。

 

ピーターラビットの絵本の第2集の4巻目にあたるおはなしです。

 

このおはなしには、ピーターは出てきませんが、かわいいこねこのトムや妹たちが出てくるので、見ていて飽きません。

 

お母さんねこのタビタさんが、お茶の会を開く準備をしているのですが、やんちゃなこねこたちがいたずらをしたり、ふざけたりするおはなしです。

 

こねこたちが可愛すぎて、ずっと眺めていたくなります。

 

ポターがこの本を書き始めたのが、湖水地方のソーリー村にある、ヒルトップ農場を購入してから1年経った頃だそうです。

 

この本では、そんなヒルトップ農場の家と庭が、そっくりそのまま描かれているそうです。

 

 

ピーターラビットクリスマスのおはなし

 

 

 

 

こちらは、ポターの絵本ではなく、エマ・トンプソンの物語と、エレノア・テイラーのイラストが織りなす、新しいピーターラビットの絵本です。

 

ピーターラビットといとこのベンジャミン・バニーが登場する、クリスマスのおはなしになっています。

 

ピーターラビットの絵本でおなじみの、マクレガーさんも出てきます。

 

イラストも可愛くて、ストーリーも面白いので、新たなピーターラビットの絵本として、十分に楽しめます。

 

クリスマスシーズンに読みたい一冊です。

 

 

ピーターラビットの映画

 

現在公開中の映画『ピーターラビット』ですが、アニメではなく実写版で、ピーターが歌ったり踊ったりもするようです。

 

とても面白そうで、今から観るのが楽しみです。

 

映画のオフィシャルサイトはこちらです。

 

www.peterrabbit-movie.jp

 

 

 

ピーターラビットに関する映画は、過去にもありました。

 

ミス・ポター』という映画で、ビアトリクス・ポターの伝記映画になっています。

 

 

ミス・ポター [DVD]

ミス・ポター [DVD]

 

 

 

私はまだ見ていないのですが、評価の高い映画だそうです。

 

 

ピーターラビットのカフェ

 

最後に、ピーターラビットのカフェが都内にあるそうなので、ご紹介します。

 

ピーターラビットガーデンカフェ」といって、自由が丘に本店があります。

 

www.peterrabbit-japan.com

 

オリジナルメニューも美味しそうで、英国好きの私としては是非行ってみたいお店です。

 

映画を観る前や観た後は、是非こちらでお食事を楽しんではいかがでしょうか。

 

 

子どもから大人まで楽しめるピーターラビットの世界。

 

絵本や映画、またはカフェで、是非楽しんでくださいね。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村