死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

【児童書】レモンの図書室

『レモンの図書室』を読みました。

 

レモンの図書室 (児童単行本)

レモンの図書室 (児童単行本)

 

 

今回から、絵本だけでなく、児童書も少しずつ紹介していきたいと思います。

 

記念すべき第1回目は、『レモンの図書室』です。

 

あらすじ

 

母親を病気でなくし、学校でもいつもひとりぼっちだったカリプソ

 

しかし、メイという新しい友達ができて、次第に孤独ではなくなります。

 

どこか、常にひとりでも大丈夫なように、強い心を持たなきゃと思うカリプソ

 

それでも、趣味の合う親友ができたおかげで、その生活は一変し、楽しいものになります。

 

意気投合したふたりは、お互い本好きなこともあり、一緒に小説を書くということになります。

 

ふたりは、メイの家にある小屋を改造して、秘密基地を作ります。

 

カリプソはメイの家に頻繁に行くようになり、メイの家族のあたたかさに触れます。

 

そして、ふたりは秘密基地で、小説を書きます。

 

その後、書いた小説を、少しだけサイトに投稿すると……。

 

読みどころ

 

今回の読みどころは、親友の存在と親子の絆です。

 

母親を亡くし、父親と二人暮らしのカリプソは、周りに対して心を閉ざして暮らしていました。

 

しかし、転校生のメイの存在によって、その世界は一変します。

 

ふたりは本が好きで、いつのまにか自然と友達になり、親友にまでなります。

 

カリプソの世界は、一気に楽しく輝いたものになり、カリプソの固く閉ざされた心も、次第に開かれていきます。

 

その後、いくつもの厳しい試練がカリプソに訪れます。

 

それらは、子どもにとっては、かなり厳しいものです。

 

しかし、親友の存在があったからこそ、カリプソは必死に問題を解決して、困難な状況を乗り切ろうと頑張ります。

 

メイの存在は、カリプソにたくさんのポジティブなパワーを与えてくれていると思います。

 

親友の存在は、かけがえのないものです。

 

カリプソとメイの会話は、本の話で溢れています。

 

作品の中でも、様々な本の名前が出てきます。

 

それらは、子ども向けの本から、大人が読む本まで様々です。

 

本好きの方なら、思わずニヤリとしてしまうと思います。

 

ふたりの意気投合した姿を、文章で読むことで、子ども時代の親友を思い出す方もいるかもしれません。

 

また、本書で見逃せないのが、親子の絆です。

 

この作品では、お父さんが課題を抱えていて、大変なことになってしまうのですが、娘のカリプソは、心理的な葛藤がありながらも、お父さんを見放さず、お父さんを支えます。

 

また、カリプソのお母さんは、病気で亡くなってしまっているのですが、お母さんの影響やお母さんへの思いは消えることなく、全編を通してずっと作品の中心にあります。

 

普通の幸せな家庭とは違うかもしれませんが、彼らなりのやり方で、しっかりと親子が絆で繋がっていて、本当に心打たれます。

 

親友や周りの人の存在のあたたかさを感じるとともに、カリプソの生きる力に感動する作品です。

 

感想

 

『レモンの図書室』というタイトルを聞いて、イメージしていた内容が、実際本書を読んでみると、いい意味で裏切られました。

 

きれいな図書室が出てくるような、ふわふわした物語かと思いましたが、全く違いました。

 

もっとリアルで、面白くて、同時に悲しみや切なさも感じることができる本でした。

 

正直、驚きました。

 

最後の方は、泣いてしまいました。

 

子どもも読める作品ですが、大人も十分に楽しめる作品です。

 

途中、辛い場面もあるのですが、主人公の親友の存在や本の話、個性豊かな登場人物など、救いもあるので、読み進められます。

 

児童書を読んだのはかなり久しぶりだったのですが、ちゃんと内容も現代にアップデートされていて、進化していました。

 

現代的な要素を散りばめつつ、普遍的な親友や家族などの要素が中心にあり、読み応えのある作品です。

 

主人公のカリプソは、本をよく読んでいるからか、または境遇や環境のためか、周りよりも大人びた考え方や性格です。

 

しかし、彼女はまだ子どもなので、そういった子どもと大人の間で揺れ動く心情も、読み応えがあります。

 

本が好きな人も、そうでない人にも読んでほしい作品です。

 

 

レモンの図書室 (児童単行本)

レモンの図書室 (児童単行本)

 

 

 

読書案内

 

本書では、色々な本のタイトルが出てきます。

 

本書の巻末に「カリプソの読書案内」という、本書に登場する本のリストがあります。

 

ここでは、その中でも特に重要だと思われる本を紹介したいと思います。

 

赤毛のアン

 

赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)

赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)

 

 

カリプソが好きな本です。

 

アンネの日記

 

増補新訂版 アンネの日記 (文春文庫)

増補新訂版 アンネの日記 (文春文庫)

 

 

メイがカリプソに教えた本です。

 

この他にもたくさんの本が載っていますので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村