死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

エゾオオカミ物語

エゾオオカミ物語』を読みました。

 

エゾオオカミ物語 (講談社の創作絵本)

エゾオオカミ物語 (講談社の創作絵本)

 

 

あらすじ

 

寒い冬の夜、月の光に誘われて、モモンガたちが集まってきます。

 

モモンガたちは、フクロウおじさんの話を聞きに来たのです。

 

フクロウおじさんは、オオカミの話を始めます……。

 

オオカミや自然について描かれた一冊です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、人間と動物の共生です。

 

エゾオオカミは絶滅してしまいましたが、昔は自然やアイヌの人々と共に暮らしていました。

 

アイヌの人々とエゾオオカミは、お互いの息遣いを感じながら、生きていました。

 

もちろん、どちらもお互いを怖いと思っていたのですが、それ以上に尊敬し合っていたのです。

 

狭い山道でも、道を譲り合うことすらあったそうです。

 

しかし、馬を襲ったオオカミを、内地から来た人々が、次々に殺して、ついにオオカミは絶滅してしまいました。

 

なかなか共生するのは難しいことかもしれませんが、お互いを尊重する気持ちを忘れないようにしたいものです。

 

印象的なことば

 

でものお、

こんどはエゾシカが悪者になっておるが、

そうしたのは、ほんとうは”だれ”なんじゃろう?

 

 

フクロウおじさんの言葉です。

 

フクロウおじさんの言葉には、迫力があり、核心をついています。

 

感想

 

エゾオオカミたちが描かれた絵本です。

 

迫力のあるイラストに引き込まれて読んでみると、物語にも引き込まれていきました。

 

エゾオオカミや人間の歴史には、こんなことがあったのだと初めて知りました。

 

昔は、オオカミと人間は共生していたのに、オオカミが人間によって殺されて、絶滅してしまったのは悲しい事実です。

 

自然や動物を大切にしたくなる一冊です。

 

 

エゾオオカミ物語 (講談社の創作絵本)

エゾオオカミ物語 (講談社の創作絵本)

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村