死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

つみきのいえ

つみきのいえ』を読みました。

 

つみきのいえ

つみきのいえ

 

 

あらすじ

 

ひとりのおじいさんが、海の上にある変わった家に住んでいました。

 

どうして、こんな家に住んでいるのでしょう。

 

この街では、海の水が段々上に上がってきてしまい……。

 

おじいさんの幸福な思い出が詰まった物語です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、家族の思い出です。

 

おじいさんは、海の上にある家に住んでいます。

 

なぜかというと、この街では海の水が段々上に上がってきてしまうのです。

 

そのため、住んでいた家が水の中に沈んでしまうと、その家の上に新しい家を作ります。

 

その作業を繰り返したため、まるでつみきのような家が出来上がったのです。

 

おばあさんが3年前に亡くなったため、おじいさんはひとりぼっちで住んでいます。

 

しかし、おじいさんは、毎日楽しく暮らしています。

 

おじいさんは、ごはんを作ったり、近所のおじいさんとチェスをしたり、自分の子どもたちからの手紙を読んだりして、日々を過ごしています。

 

そんなある冬のことです。

 

海の水が床まで上がってきてしまいました。

 

そして、おじいさんは、新しい家を作り始めます。

 

そんなある日、家を作っていたおじいさんは、大工道具を海の中に落としてしまいます。

 

おじいさんは、潜水服を着て、水の中を潜ります。

 

大工道具は、3つ下の家に落ちていました。

 

その家に来たとき、おじいさんの記憶が蘇ります。

 

その家は、おばあさんと一緒に住んでいたときの家だったのです。

 

おじいさんは、もっと下の家へ潜っていきます。

 

そして、そのたびに、当時の記憶を思い出します。

 

カーニバルがあったときのことや娘の花嫁姿、子猫がいなくなったこと、最初の赤ちゃんが生まれたこと……。

 

そして、ついに一番下の家にたどり着きます。

 

その家は、夫婦になって初めて住んだ家でした。

 

おじいさんは、ずっとここに住み続けてきたのです。

 

春になり、おじいさんの新しい家ができます。

 

壁の割れ目のタンポポを見て、おじいさんは嬉しそうに笑います。

 

家族の思い出は、決して忘れることのない宝物です。

 

そんな思い出が詰まった家もまた宝物です。

 

おじいさんは、家族の思い出を大事にしているからこそ、同じ家に住み続けているのです。

 

家族の思い出の大切さが、心に響く名作です。

 

印象的なことば

 

そしておじいさんは、ずっとここにすみつづけてきたのです。

 

おじいさんの歴史の重みが感じられます。

 

おじいさんは、なによりも家族や家族の思い出を大事にしてきたのですね。

 

感想

 

家族の幸せな思い出が描かれた物語です。

 

この絵本は、同じタイトルの短編アニメーション映画を、絵本用にリメイクした作品だそうです。

 

アニメーション映画の方は、アカデミー賞の短編アニメ賞など、数々の賞を受賞されています。

 

 

つみきのいえ (pieces of love Vol.1) [DVD]

つみきのいえ (pieces of love Vol.1) [DVD]

 

 

 

賞を受賞した当時、話題になっていたのを覚えています。

 

アニメの方はまだ見ていないのですが、この絵本は単体でも素晴らしい作品だと思います。

 

独特の世界観で、普遍的な家族の思い出が描かれていて、読者の心に響きます。

 

アニメの方も、見てみたいと思います。

 

大人が楽しめる絵本です。

 

 

 

つみきのいえ

つみきのいえ

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村