死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

バスラの図書館員

『バスラの図書館員』を読みました。

 

バスラの図書館員―イラクで本当にあった話

バスラの図書館員―イラクで本当にあった話

 

 

あらすじ

 

アリアさんは、イラクの港町にあるバスラの図書館員です。

 

アリアさんの図書館には、本を愛する人たちが集まってきます。

 

そこでは、みんながこの世界の問題を話し合います。

 

しかし、最近では、みんなは戦争のことばかり話します。

 

アリアさんは、図書館の本を、安全な場所に移してほしいと当局に求めますが……。

 

バスラの図書館で実際に起きた出来事が描かれた絵本です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、アリアさんの本への情熱です。

 

アリアさんは、イラクの港町、バスラの図書館員です。

 

アリアさんの図書館には、本を愛する人たちが集まってきます。

 

図書館では、みんなで世界の問題などを話し合います。

 

最近では、みんなが話すのは、戦争のことばかりです。

 

アリアさんは、戦火が本を滅ぼしてしまうことを恐れています。

 

そこで、図書館の本を安全な場所に移してほしいと、アリアさんは当局に求めます。

 

しかし、「それはできない」と言われてしまいます。

 

そこで、アリアさんは、ある行動を起こします。

 

なんと、毎晩図書館が閉まったあと、図書館の本を、自分の車に運び入れたのです。

 

そして、ついに戦争がバスラの町を襲います。

 

みんな図書館を見捨てて、逃げ出します。

 

本を守るために図書館に残ったのは、アリアさんだけです。

 

アリアさんは、図書館の塀から、友達のアニスさんに手伝いを求めます。

 

アニスさんは、図書館の隣でレストランをやっています。

 

アリアさんは、アニスさんとみんなで、図書館の本を、徹夜でレストランに隠します。

 

その後、戦争はますます広がりますが、本は無事です。

 

9日後、図書館は燃え落ちます。

 

やっと、戦争がおさまった頃、アリアさんはトラックを借り、3万冊の本を全て自分の家と、何人かの友達の家に運びます。

 

アリアさんは、戦争が終わり、平和なときがくると信じています。

 

そのときがくるまで、アリアさんは図書館の本を守ります。

 

この絵本では、実際にバスラの図書館で起こったことが描かれています。

 

バスラの図書館員のアリアさんは、戦争から本を守るために、行動を起こします。

 

アリアさんは、自分や友達の家に、3万冊の本を運んだのです。

 

そんなに多くの本を守れたのは、アリアさんの強い本への情熱があるからこそだと思います。

 

アリアさんは、責任感が強く、本当に本を愛しているのです。

 

この絵本には、そんなアリアさんの本への情熱が詰まっています。

 

戦争の中でも、希望を捨てない図書館員の姿に心打たれます。

 

印象的なことば

 

本をまもりたいの。手伝ってくれない?

 

アリアさんの言葉です。

 

アリアさんが、友達のアニスさんに助けを求めるときに、こう言います。

 

アリアさんの本を守りたいという強い気持ちが伝わってきます。

 

感想

 

イラクの図書館での実話が描かれた絵本です。

 

図書館員のアリアさんの力強い行動や本への情熱が、感動的に描かれています。

 

私は、この実話を、この絵本で初めて知りました。

 

アリアさんの勇敢な行動に、胸を打たれました。

 

彼女は、図書館員の鏡だと思います。

 

本当に本を大切にしているのが、伝わってきます。

 

もう10年位前の絵本ですが、その感動は薄れません。

 

時代を超えて読み継がれてほしい一冊です。

 

 

バスラの図書館員―イラクで本当にあった話

バスラの図書館員―イラクで本当にあった話

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村