死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

くものすおやぶんとりものちょう

『くものすおやぶんとりものちょう』を読みました。

 

 

くものすおやぶん とりものちょう (こどものとも傑作集)

くものすおやぶん とりものちょう (こどものとも傑作集)

 

 

あらすじ

 

虫の街は、春爛漫で賑わっています。

 

くものすおやぶんは、はえとりのぴょんきちを連れ、街の見回りをします。

 

明日は、虫の街で春祭りが開催されます。

 

お菓子屋さんのありがたやの前を通ると、店員がおやぶんのもとへ駆け寄ってきて……。

 

くものすおやぶんが街の平和のために大活躍する絵本です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、くものすおやぶんの活躍です。

 

春爛漫の虫の街では、桜の花が咲き乱れ、街は賑わっています。

 

そんな中、くものすおやぶんは、はえとりのぴょんきちを連れ、街の見回りをしています。

 

明日は、虫の街で春祭りが行われます。

 

お菓子屋さんのありがたやの前を通りかかると、店員がおやぶんのもとへ駆け寄ってきます。

 

店員は、盗人から手紙が届いたので、助けて欲しいと言います。

 

店の奥の座敷で、おやぶんが盗人からの手紙を見てみると、それは盗みの予告状でした。

 

蔵の中には、春祭りのために用意されたお菓子がたくさん入っているため、それを盗みにくるようです。

 

そして、おやぶんはへそから糸を繰り出して、蔵にぐるぐるとくもの巣をはり、盗人が蔵に入れないようにします。

 

夜になると、おやぶんとぴょんきちは、庭の桜の木に登り、盗人を待ちます。

 

そこに、真っ白い雲のようなものがやってきて、蔵の扉に体当たりし、蔵の中へと入っていきます。

 

真っ白い雲は、盗人のかくればねだったのです。

 

おやぶんとぴょんきちが、蔵の中へ入ると、お菓子が宙を舞っています。

 

そして、お菓子を入れたまゆの袋が動き出すと、思わずぴょんきちが袋に飛びつきます。

 

ぴょんきちは、袋をつかみ大暴れします。

 

すると、まゆの袋は家の中に突っ込みます。

 

おやぶんが駆けつけると、かくればね三兄弟が逃げ出します。

 

おやぶんとぴょんきちは、それを追いかけます。

 

おやぶんが外に出ると、風もないのにやけに桜が散ることに気付きます。

 

そこで、おやぶんが桜の木に向かって糸を繰り出すと、見事にかくればね三兄弟を捕らえます。

 

三兄弟も、「参りました」と頭を下げます。

 

夜が明け、春祭りが開催されます。

 

おやぶんに引き連れられてやってきたかくればねたちは、お菓子を詰めたまゆを運んでお詫びの奉公をします。

 

その後、かくればねたちは、盗人から足を洗い、街の運送屋として働いています。

 

おやぶんは、一件落着とにっこり微笑みます。

 

この絵本では、くものすおやぶんとぴょんきちが、街の安全のために、活躍する姿が描かれています。

 

おやぶんは、明晰な頭脳と糸の技で、盗人を捕まえます。

 

そんなおやぶんは、街の頼れるヒーローです。

 

おやぶんのかっこいい姿が描かれている、子どもも大人も必見の一冊です。

 

印象的なことば

 

これで いっけんらくちゃくだ

 

くものすおやぶんの言葉です。

 

問題を解決したおやぶんは、にっこりと微笑みます。

 

感想

 

くものすおやぶんが大活躍する絵本です。

 

虫の街の風景が、細かく描かれていて、見ていて飽きません。

 

文章のリズムも良く、楽しんで読める絵本です。

 

くものすおやぶんもかっこいいのですが、子分のぴょんきちがすごく可愛いです。

 

ついつい、ぴょんきちを目で追ってしまいます。

 

また、お菓子がカラフルで、見た目も可愛くて、美味しそうです。

 

虫というと、苦手な方も多いと思いますし、実際私も苦手です。

 

しかし、この絵本は、そんな虫嫌いな方でも、楽しめる作品だと思います。

 

虫のキャラクターたちは可愛くて、風景も綺麗で、ストーリーも面白いので、誰もが楽しめる作品になっています。

 

大人が楽しむのもいいですし、子どもに読んであげるのもいいと思います。

 

家族で楽しめる一冊です。

 

 

くものすおやぶん とりものちょう (こどものとも傑作集)

くものすおやぶん とりものちょう (こどものとも傑作集)

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村