死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

どんなかんじかなぁ

『どんなかんじかなぁ』を読みました。

 

どんなかんじかなあ

どんなかんじかなあ

 

 

あらすじ

 

友達のまりちゃんは、目が見えません。

 

ひろくんは、見えないってどんな感じかなと思い、考えを巡らせます。

 

ひろくんは、目をつぶってみることにします。

 

すると、色々な音が聞こえてきて……。

 

ひろくんが友達の立場になって考えを巡らせ、様々なことに気付くお話です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、相手の身になって考えることです。

 

ひろくんの友達のまりちゃんは、目が見えません。

 

ひろくんは、目が見えないってどんな感じかなぁと思い、しばらく目をつぶってみます。

 

すると、色々な音が聞こえてきます。

 

ひろくんは、驚いて目を開けます。

 

そして、まりちゃんに会った時に、「見えないってすごいんだね」と、体験したことを語ります。

 

まりちゃんは笑って、「ひろくんって、変わってる」と言います。

 

もうひとりの友達、さのくんは、耳が聞こえません。

 

ひろくんは、聞こえないってどんな感じかなぁと思い、しばらく耳をふさいでみます。

 

すると、ひろくんは、お母さんの顔のほくろの数を初めて知ります。

 

そして、さのくんに会った時、「聞こえないってすごいんだね」と、体験したことを語ります。

 

さのくんは、「ひろくん、考えすぎー」とふきだします。

 

別の友達のきみちゃんは、お父さんもお母さんもいません。

 

ひろくんは、それがどんな感じかなぁと思い、一生懸命考えますが、わかりません。

 

そして、きみちゃんがきた時に、「きっと、すごく寂しいんだろうね」と聞いてみます。

 

きみちゃんは、ちょっと考えてから「そうでもないよ」と言います。

 

そして、次の日曜に、きみちゃんがひろくんのもとにきて、1日じっと動かないでみたと言います。

 

ひろくんは、どんな感じだったか聞きます。

 

きみちゃんは、「じっとして空を見ていたら、いつもの100倍くらい、色んなことを考えたし、わかったこともたくさんあった」と言います。

 

きみちゃんは、ひろくんのことを学者みたいだと褒めます。

 

ひろくんは、照れくさくて笑います。

 

今日もひろくんは、いつものように考えます。

 

宇宙のこと、分子のこと、古代のこと……。

 

それから、動けるってどんな感じかなぁとも。

 

この絵本では、ひろくんが障害のある友達の立場になって考えることで、物語が展開していきます。

 

ひろくんは、目の見えない友達や耳が聞こえない友達、さらには両親を災害で亡くした友達の立場になって、その友達がどういう風に感じているかを考えます。

 

そして、色々なことを感じ、感じたことを友達に話します。

 

さらに、物語が進んでいくと、ひろくん自身も障害を持っていることがわかります。

 

ひろくんは、車椅子に乗っています。

 

そして、友達のきみちゃんが、ひろくんの立場になり、1日動かないでみたと話しかけてきます。

 

きみちゃんは、動かないでいたことによって体験したことを、ひろくんに伝えます。

 

みんなが友達の立場になって考え、その友達の日常を想像することで、友達のすごさに気付きます。

 

相手の身になって考えることは、大事なことだと知りながら、なかなか実行することは難しいものです。

 

しかし、この絵本に登場するひろくんたちは、実際に相手の立場になって考えます。

 

そして、色々なことに気付きます。

 

相手になることはできませんが、相手の立場になって考えることはできるのです。

 

そこには、思いやりと想像力があります。

 

大事なことに気付かされる、そんな絵本です。

 

印象的なことば

 

うごけないって、すごいことなのかもしれないね。

ぼくって、すごいのかもしれないね。

 

 

ひろくんの言葉です。

 

きみちゃんの言葉を受けて、ひろくんはこう感じます。

 

他人に言われて、初めて気付くことってありますよね。

 

ひろくんの自信に満ちた表情が、ページいっぱいに描かれています。

 

感想

 

ひろくんが友達の立場になって、考えを巡らす絵本です。

 

シンプルなストーリーの中に、普段私たちが見落としがちな、大切なことが詰まっています。

 

相手の立場になって考えようと、学生時代に教えられた経験がある人も多いでしょう。

 

しかし、大人になって、それを実行できている人は、多くはないと思います。

 

相手の立場になって物事を考えるのは、なかなか大変なことです。

 

完全に相手の立場になることは無理でも、相手の気持ちを考えられる想像力のある人になりたいなと、改めてこの絵本を読んで思いました。

 

子どもはもちろんのこと、大人にも読んで欲しい絵本です。

 

 

どんなかんじかなあ

どんなかんじかなあ

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村