死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

ロンパーちゃんとふうせん

『ロンパーちゃんとふうせん』を読みました。

 

ロンパーちゃんとふうせん

ロンパーちゃんとふうせん

 

 

あらすじ

 

ロンパーちゃんは、お母さんと街へ出かけ、そこで黄色い風船をもらいます。

 

指に風船をくくってもらったロンパーちゃんは、無事にお家に帰ります。

 

お家に帰ると、ロンパーちゃんは風船で遊びだしますが、風船が天井まで飛んでいってしまいます。

 

そこで、お母さんが工夫をして、風船にスプーンをくくってやります。

 

これで、ロンパーちゃんと風船は、一緒に遊べるようになりました。

 

ところが、ロンパーちゃんが外で風船と一緒に遊んでいると……。

 

風船をめぐるロンパーちゃんの日常が描かれた絵本です。

 

見どころ

 

この絵本の見どころは、物への愛着です。

 

ロンパーちゃんは、街でもらった風船を気に入り、お家で一緒に遊びます。

 

しかし、すぐに風船が天井へ飛んでいってしまうので、お母さんが風船にある工夫をして、上へ飛んで行かないようにしてくれます。

 

さっそくロンパーちゃんは、風船を外へ連れて行き、一緒に遊び始めます。

 

ところが、強い風が吹いて、風船が木の枝に引っかかってしまいます。

 

その後、暗くなるまでお母さんが風船を取ろうとしますが、風船は枝に絡まったまま取れません。

 

お家に戻った後も、ロンパーちゃんは諦めきれず、ついには泣いてしまいます……。

 

ロンパーちゃんは、風船と一緒に夜もお家で過ごすつもりでした。

 

ロンパーちゃんの気持ちを思うと、こちらまで切なくなります。

 

この絵本では、ロンパーちゃんの風船に対する愛着が描かれています。

 

対象となる物は異なっても、子どもの頃何かに愛着を持った経験は、誰にでもあると思います。

 

子どもは一旦何かに夢中になると、ずっとそれを手放しませんよね。

 

その熱中ぶりは、子どもならではのものです。

 

大人になると、良くも悪くもそこまで物に熱中することもなくなってしまいます。

 

そう考えると、子どもの頃に何かに夢中になった記憶は、かけがえのないものだと思います。

 

大人になって、昔好きだったおもちゃなどが物置から出てくると、思わず笑みがこぼれ、なんだか懐かしくて、嬉しい気持ちになります。

 

この絵本を読んでいると、そんな自分自身の楽しい記憶が浮かんできます。

 

子どもの頃の物を大切にする気持ちを思い出させてくれる、そんな一冊です。

 

印象的なことば

 

(おつきさん みたいよ…)

 

最後のページにある、ロンパーちゃんの言葉です。

 

黄色い風船と夜空の風景が、なんともロマンチックです。

 

感想

 

子どもならではの物に対する愛着が、可愛らしく描かれた絵本です。

 

子どもの頃の記憶を辿ると、誰もが経験したことのある出来事で、共感出来るストーリーとなっています。

 

洋風なイラストなので、海外絵本かと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、作者は酒井駒子さんで、国内の絵本です。

 

本書は、英語や韓国語にも翻訳されているようです。

 

控えめな色合いのイラストに、風船の黄色が良く映えます。

 

ラストは、子どもならではの素敵な感性で、印象的なページになっています。

 

読み終わった後、優しい気持ちになれる一冊です。

 

 

ロンパーちゃんとふうせん

ロンパーちゃんとふうせん

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村