死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

おひさまパン

『おひさまパン』を読みました。

 

おひさまパン

おひさまパン

 

 

あらすじ

 

動物たちの住む街は、雪混じりの風が吹き荒れて、動物たちはみんなうんざりしています。

 

動物たちは、再びおひさまが出てくるのを、心待ちにしています。

 

そんな中、パン屋さんはおひさまのパンを作り始めます。

 

おひさまのパンが出来上がると、動物たちはパン屋に集まり、みんなでおひさまパンを食べます。

 

すると、動物たちは空に登り始めて……。

 

気持ちがあたたかくなる絵本です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、パンやおひさまのおかげで、イキイキと輝く動物たち

の姿です。

 

天気が悪い時の動物たちは、家に閉じこもりがちで、うんざりしています。

 

確かにずっと悪天候が続くと、気持ちも塞ぎがちになってしまいます。

 

しかし、パン屋さんがおひさまをパンで作ることにより、状況は変わります。

 

パン屋さんには動物たちが集まり、パン屋さんはみんなにパンを分け与えます。

 

すると、動物たちは空に登り始め、本物のおひさまが目を覚まします。

 

動物たちは、おひさまに向けて、パンをちぎって投げます。

 

すると、おひさまはそのパンを平らげ、光を放ちます。

 

動物たちは、おひさまの光の中で、イキイキと過ごします。

 

パン屋さんは、眠りに就こうとするおひさまに、願いごとを伝えます。

 

そして、パン屋さんが一晩中パンを焼き、おひさまは再び顔を出します。

 

その後も、天気が悪い日には、あのパン屋さんと仲間たちが、パンを作ります。

 

食事や自然の恵みを大切にする動物たちが、イキイキと描かれています。

 

カラフルな動物たちのイラストは、見ているだけで元気になります。

 

梅雨や冬の寒い時期に読むと、元気になれる1冊です。

 

印象的なことば

 

ほんとうのおひさまは かくれたままだから わたしが うちで、ちいさなおひさまを つくるってわけ

 

パン屋さんの言葉です。

 

おひさまを恋しく思う気持ちが伝わります。

 

感想

 

おひさまパンにまつわる、動物たちのお話です。

 

訳者は、江國香織さんです。

 

江國さんは、作家だけではなく、絵本の翻訳も数多く手掛けています。

 

また、絵本の文章も書かれています。

 

その絵本が、こちらです。

 

 

ehon0016.hatenablog.com

 

 

江國さんの文章は、小説でも絵本でも魅力的です。

 

また、絵本に出てくる動物たちがとても愛らしくて、見ているだけで楽しい気持ちになります。

 

パンもすごく美味しそうです。

 

この絵本の裏表紙には、おひさまパンの作り方も載っています。

 

子どもと一緒に作るのも楽しそうですね。

 

思わずパンが食べたくなる1冊です。

 

 

おひさまパン

おひさまパン

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村