読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

わたしのうみべ

『わたしのうみべ』を読みました。

 

わたしのうみべ

わたしのうみべ

 

 

あらすじ

 

わたしは、朝の海辺が大好きです。

 

今朝は、木やビンや小さな貝が流れ着きました。

 

次の朝、海辺に行くと、オバケが流れ着いていました。

 

そして、また次の朝海辺に行くと……。

 

海辺に次々と流れ着く漂流物が描かれた絵本です。

 

見どころ

 

この絵本の見どころは、毎日変わる海辺の風景です。

 

海辺には、毎朝異なるものが流れ着きます。

 

その種類は、傘や木、すべり台など実に多種多様です。

 

中には、流れ着いたのがうちのお父さんなんていうのもあります。

 

絵本を読んでいると、「次は何が出てくるだろう?」とワクワクします。

 

この絵本には、そんなページをめくる楽しみがあります。

 

毎日変わる海辺の風景のように、人生もまた毎日が新しい驚きや発見に満ちています。

 

1日として同じ日はありません。

 

主人公の私のように、毎日を新鮮な目線で見てみると、人生は案外楽しさに溢れているのだと実感するでしょう。

 

大人になると、そんな目線で物事を見れなくなってしまいがちです。

 

しかし、意識して物事を眺めてみると、人生は毎日が新しい発見に満ち溢れています。

 

そんな子どもの視点や感受性を、忘れないようにしたいものですね。

 

ページをめくるのが楽しみな絵本です。

 

印象的なことば

 

わたしは、あさの うみべが だいすきです。

 

感想

 

ページいっぱいに、海辺に流れ着く漂流物が描かれた1冊です。

 

作者は、有名絵本作家の長新太さんです。

 

シンプルな内容ですが、そこにはページをめくる楽しさがあります。

 

子どもから大人まで楽しめる絵本です。

 

海辺の風景は、変わらないものというイメージがありますが、実は違います。

 

海辺の風景は、毎日変わっているのです。

 

そこには、新たな驚きや発見があります。

 

そんな海辺の風景は、「人生」にも通じるものがあります。

 

海辺の風景に心癒される1冊です。

 

 

わたしのうみべ

わたしのうみべ

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村