読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

ぎゅうぎゅうかぞく

『ぎゅうぎゅうかぞく』を読みました。

 

ぎゅうぎゅうかぞく (ひまわりえほんシリーズ)

ぎゅうぎゅうかぞく (ひまわりえほんシリーズ)

 

 

あらすじ

 

としおくんと一緒に遊ぶため、ぼくはとしおくんの家の前に行きます。

 

そこで、としおくんのお母さんがぼくに声をかけます。

 

さらに、としおくんのおじさんがキャベツをなげ、としおくんのお父さんがそれを受け取り、お店に並べ……。

 

活気溢れる八百屋の大家族を描いた絵本です。

 

見どころ

 

この絵本の見どころは、大家族の暖かさです。

 

ぼくがとしおくんの家の前に行くと、としおくんの家族が勢揃いしています。

 

そこには、としおくんのお母さんから、としおくんのおばさんの赤ちゃんまで実にたくさんの人がいます。

 

残念ながら今はこういった光景が見られなくなりつつありますが、今でも少数ながらとしおくんの八百屋のように、家族で経営している活気溢れる商店街のお店は存在します。

 

としおくんの家は、商品や人が溢れていて、寂しい思いなんて全くしないような場所です。

 

まさに「ぎゅうぎゅう」で少々狭いかもしれませんが、そこには人と人との触れ合いがあり、大家族の暖かさに溢れています。

 

みんなで一緒に生きることは、不便さもあるけれど、お金では買えない楽しさや温もりがあります。

 

今の世の中に足りないものが、この絵本にある気がします。

 

みんながひとつの場所に集まって、同じ方向を向いている。

 

以前は当たり前のことが、当たり前ではなくなってきています。

 

よく「核家族」という言葉を耳にしますが、大家族は今の世の中ではあまり見られなくなってきています。

 

そんな中でも、この絵本のように、みんなが集まって、同じ方向を向いている家族が少しでも増えたらいいなと思います。

 

この絵本を読んでいると、としおくんの家族の体温が伝わってくるような臨場感があります。

 

大家族の暖かさが心に沁みる1冊です。

 

印象的なことば

 

としおくんちって いっぱい ぎゅうぎゅうかぞくで いいなあと おもったら

 

ぼくの言葉です。

 

としおくんの家を的確な言葉で捉えていますね。

 

きっとこの言葉の通り、誰の目にもとしおくんの家族は魅力的に映るはずです。

 

感想

 

大家族の暖かさに触れることの出来る1冊です。

 

今は数が少なくなってしまった、昔ながらの商店街の八百屋の風景が、魅力的な登場人物と共に描かれています。

 

大家族の人は共感出来る内容で、そうでない人は「大家族っていいな」と思わず羨ましくなるような内容です。

 

この絵本の作者であるねじめ正一さんは、実家が乾物屋さんを営んでいたそうです。

 

まさに、としおくんの家族のような日常だったのかもしれませんね。

 

作者の実体験があるからこそ、こんなにも暖かい絵本に仕上がっているのだと思います。

 

大家族の温もりが伝わってくる絵本です。

 

 

ぎゅうぎゅうかぞく (ひまわりえほんシリーズ)

ぎゅうぎゅうかぞく (ひまわりえほんシリーズ)

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村