死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

あかちゃんのゆりかご

『あかちゃんのゆりかご』を読みました。

 

あかちゃんのゆりかご (世界の絵本)

あかちゃんのゆりかご (世界の絵本)

 

 

あらすじ

 

ある日、あかちゃんが生まれることを知り、家族みんなは大喜びします。

 

そこで、お父さんはゆりかごを作ることに決めます。

 

そして、出来上がったゆりかごに、おじいちゃんが絵を描き、おばあちゃんがベッドカバーを作り、お兄ちゃんがモビールを作ります。

 

そして、お母さんがゆりかごをそっと窓のそばへ持っていきます。

 

ゆりかごが完成し、ついに赤ちゃんが家にやってきます……。

 

家族みんなの愛情がたっぷり詰まった絵本です。

 

見どころ

 

この絵本の見どころは、家族みんなの赤ちゃんへの思いやりの気持ちです。

 

赤ちゃんのことを大事に思う気持ちが行動となり、家族全員が赤ちゃんのためにひとつのゆりかごを完成させます。

 

みんなで作ったゆりかごは、愛情がたっぷり詰まっています。

 

そして、無事に赤ちゃんが生まれ、赤ちゃんはゆりかごでスヤスヤと眠ります。

 

家族みんなが赤ちゃんを楽しみにしていて、赤ちゃんを思う暖かい気持ちがこちらにも伝わってきます。

 

みんな赤ちゃんが家に来るのが、楽しみでしょうがないのですね。

 

この絵本を読んでいるだけで、微笑ましい気持ちになります。

 

印象的なことば

 

もう これで、いつ あかちゃんが うまれてきても、だいじょうぶ。

 

お母さんの言葉です。

 

家族みんなのおかげでゆりかごが完成し、赤ちゃんを迎える準備は万端です。

 

お母さんの自信に満ちた言葉ですね。

 

感想

 

生まれてくる赤ちゃんのために、家族みんなでゆりかごを完成させる物語が描かれた1冊です。

 

赤ちゃんを待ちわびる気持ちは、お母さんだけでなく、誰が読んでも共感できるはずです。

 

絵本の全編を通して愛情が溢れていて、読んでいると思わず笑顔になってしまう、そんな絵本です。

 

家族の全員が赤ちゃんのことを心待ちにしていて、赤ちゃんが生まれてきたら、みんなで大事にする。

 

まさに、理想の家族ですね。

 

家族の温かさに満ちた、心温まる1冊です。

 

 

あかちゃんのゆりかご (世界の絵本)

あかちゃんのゆりかご (世界の絵本)

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村