死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

いいことってどんなこと

『いいことってどんなこと』を読みました。

 

いいことってどんなこと (こどものとも傑作集)

いいことってどんなこと (こどものとも傑作集)

 

 

あらすじ

 

わたしが住む北の国では、雪解けが始まります。

 

わたしが雪解けのしずくに、どうしてそんなにうれしいのか聞くと、しずくは「いいことがあるからよ」と答えます。

 

わたしは、しずくに誘われて外へ飛び出します。

 

その後、わたしは小鳥や川にも同じ質問をしますが……。

 

春の訪れの喜びを描いた絵本です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、春の訪れです。

 

主人公のわたしは、窓の外から聞こえる水の音が気になり、思わず窓を開けます。

 

そこでは、しずくが跳ねて、歌って、踊っています。

 

その姿があまりにも嬉しそうなので、わたしはしずくに「どうしてそんなに嬉しいの」と尋ねます。

 

しずくは、「いいことがあるからよ」と答えます。

 

わたしは、その「いいこと」が何なのか気になり、外に出ます。

 

そして、わたしは小鳥に出会います。

 

わたしは、小鳥に「いいことってどんなこと?」と聞きますが、小鳥たちは遠くの方へ飛んでいってしまいます。

 

その後、わたしは川が元気よく流れているのを目にします。

 

そこで、またわたしは質問を投げかけます。

 

しかし、川はいいことの正体は教えてくれず、「見つけてごらん」と答えます。

 

そして、わたしは風に出会い、また同じ質問をしますが、風の言葉がわかりません。

 

さらに、わたしはリスに出会い、「一緒に遊ぼう」と誘いますが、わたしはリスを追いかけているうちに、転んでしまいます。

 

わたしは、雪の野原にひとりぼっちになってしまいます……。

 

転んだまま雪に頬をつけていると、雪の下から微かな歌声が聞こえてきます。

 

わたしは、足元の雪を両手ですくい、雪を掘っていきます。

 

すると、雪の中に金色の花が咲いているのが見えます。

 

わたしは、ついに「いいこと」の正体を見つけます。

 

それは、春の訪れだったのです。

 

この絵本では、春の訪れの喜びが描かれています。

 

その文章は、歌の歌詞のようで、読んでいるこちらまで楽しくなってきます。

 

自然や動物たちの、喜びの声が絵本から聞こえてきそうです。

 

そんな臨場感が楽しめるのが、この絵本の魅力です。

 

厳しい寒さの冬から、暖かい春が訪れる喜びが、絵本いっぱいに描かれた1冊です。

 

印象的なことば

 

わたしの むねも うたっていました。

 

いいことの正体がわからなかったわたしも、ついにいいことの正体を見つけ、心が高鳴ります。

 

まさに、春の訪れを感じる言葉です。

 

感想

今回は、今の季節にぴったりの作品です。

 

春の訪れの喜びが詰まった絵本です。

 

この絵本の舞台は雪国なので、春の訪れは都会に住む人の何倍も嬉しいはずです。

 

作者の神沢利子さんは、子ども時代を樺太で過ごされたそうです。

 

だからこそ、春の訪れを、こんなにも素晴らしく表現できるのですね。

 

北国の出身の人でなければ、冬から春の移り変わりを、ここまで詳細に描けないのではないかと思います。

 

それほどまでに、春の到来の表現が秀逸です。

 

春の到来を待ちわびながら読みたい1冊です。

 

 

いいことってどんなこと (こどものとも傑作集)

いいことってどんなこと (こどものとも傑作集)

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村