死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

リサ ひこうきにのる

『リサ ひこうきにのる』を読みました。

 

リサひこうきにのる

リサひこうきにのる

 

 

あらすじ

 

リサは、はじめてひとりでニューヨーク行きの飛行機に乗ります。

 

快適な機内で楽しく過ごすリサ。

 

しかし、ひょんなことから、びしょびしょのべとべとになってしまいます……。

 

ひとりで飛行機に乗ったリサの冒険が描かれた絵本です。

 

ポイント

 

今回の見どころは、リサが体験する飛行機での楽しい出来事です。

 

リサは、今回初めてひとりで飛行機に乗ります。

 

そのため、最初はドキドキしていますが、段々とリラックスしてきます。

 

最初に隣に座っていた女性が席を移動したので、リサはひとりでふたり分の席を使い、寝転びます。

 

また、おいしそうな機内食を夢中で食べます。

 

さらに、スクリーンで映画を見ようとしますが、体が小さいため、スクリーンが見えません。

 

そこで、リサがとった行動はというと……なんと、前の席のシートによじ登ります!

 

最初は、いいアイディアを思いついて悦に入っていたリサですが、段々と危ないことがわかり、焦りだします。

 

その時、リサはシートから滑り落ち、オレンジジュースをこぼしてしまいます!

 

リサは、オレンジジュースでびしょびしょになってしまいます。

 

しかし、CAのお姉さんがすぐに来てくれて、リサはお湯で洗ってもらいます。

 

さらに、飛行機のコックピットにまで連れて行ってもらいます。

 

すっかりいい思いをしたリサが席に戻ると、窓からニューヨークの摩天楼が見えてきます。

 

そして、リサは空港に着き、おじさんに迎え入れられます。

 

この絵本を読んでいると、飛行機に乗る楽しさが伝わってきます。

 

印象的な言葉

 

でも ニューヨークは もっともっと ずーっと たのしいと おもうわ!

 

リサの言葉です。

 

飛行機でたくさんの楽しい体験をしたリサですが、これから行くニューヨークはもっとずっと楽しいところだという期待が込められた言葉です。

 

旅へのワクワクする気持ちが伝わってきます。

 

感想

 

フランス発の人気絵本「リサとガスパール」のシリーズです。

 

犬でもウサギでもない架空の生き物、リサとガスパールが人間の社会で暮らす生活模様が描かれた作品です。

 

この絵本では、リサが初めてひとりで飛行機に乗る姿が描かれています。

 

本書が出版された約1年後の2001年9月11に、アメリカ同時多発テロ事件が起こりました。

 

この事件によって、たくさんの人の命が奪われてしまいました。

 

この事件をきっかけに、飛行機は怖いものだと思うようになってしまった人も多いと思います。

 

しかし、本来飛行機は怖いものではなく、飛行機に乗っている時間も含め、目的地に向かうまでの楽しい旅なはずです。

 

この絵本は、そんな飛行機に乗ることの楽しさを思い出させてくれる絵本です。

 

リサのように、目的地に向かうまでの時間も、楽しく過ごせたらいいですね。

 

 

リサひこうきにのる

リサひこうきにのる