読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

私、ジョージア

絵本

『私、ジョージア』を読みました。

 

私、ジョージア (詩人が贈る絵本 II)

私、ジョージア (詩人が贈る絵本 II)

 

 

あらすじ

 

ジョージア・オキーフは、1887年にウィスコンシン州の農場に生まれます。

 

ジョージアは、12歳のときにはすでに芸術家になるのだと心に決めます。

 

その後、ジョージアは美術学校に入り、絵を描き続けます。

 

そして、美術学校を出たジョージアは、自分の描きたい絵を描くために、広い世界へ踏み出します……。

 

画家のジョージア・オキーフの生涯が描かれた絵本です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、ジョージア・オキーフのやりたいことをやり抜く芯の強さです。

 

ジョージアは、12歳の頃には自分は芸術家になるのだと心に決めます。

 

彼女は、自分が何をしたいのか知っているので、ひとりぼっちで遊ぶことも平気です。

 

そんな彼女は、毎週土曜日に絵の先生に模写を教わり、家では窓の外の風景を絵に描きます。

 

その後、彼女は美術学校に入り、絵を描き続けます。

 

そして、美術学校を出た彼女は、自分の描きたい絵を描くために、テキサスの大平原へ向かいます。

 

そこで見た風景を、彼女は毎日描き続けます。

 

そうして描いた絵を携え、彼女はニューヨークへ向かいます。

 

そして、彼女は都会にある庭を題材にして、花を描きます。

 

その後、彼女は空に導かれ、ニューメキシコの砂漠へ向かいます。

 

そこで、彼女は自然を描き続け、生涯をずっと砂漠で過ごします。

 

ジョージアは、98歳まで生きました。

 

その間、彼女はずっと絵を描き続けました。

 

12歳のときに芸術家になると決めてから、彼女はずっと描き続けたのです。

 

これは、他の人ではなかなか続けられることではありません。

 

ジョージアだからこそ、成し遂げられた偉業です。

 

誰もが自分のやりたいことを仕事にして、それをずっと続けたいと願います。

 

しかし、それを実現するのは簡単なことではありません。

 

夢を実現するためには、「自分のやりたいことをやり遂げるんだ」という強い意志と行動力が必要です。

 

ジョージアは、孤独に耐え、自分の好きなことを継続してきたからこそ、強い意志と行動力も兼ね揃えるようになったのだと思います。

 

彼女の芯の強さに、心が揺さぶられる1冊となっています。

 

印象的なことば

 

わたしがしたことは、人のしないことだった

 

ジョージア・オキーフの言葉です。

 

みんながやっていることをしても、それは真似にすぎません。

 

人がしないことをしたからこそ、彼女は独自の絵画を描くことができたのでしょう。

 

感想

 

ジョージア・オキーフの人生が描かれた絵本です。

 

幼少期から生涯を閉じるまでの彼女の全てを知ることができる、とても興味深い1冊です。

 

彼女の絵画を見たことがない人でも、彼女がどういった絵を描いてきたのかがよくわかります。

 

彼女の生涯を通じて徹底した、やりたいことをやり抜く芯の強さに感動します。

 

一体これほどの意志の強さは、どこからくるのでしょうか。

 

それほどまでに、彼女の意志の強さや夢を実現する力は、素晴らしいものです。

 

彼女の絵だけでなく、人間性に触れることができる、貴重な絵本です。

 

 

私、ジョージア (詩人が贈る絵本 II)

私、ジョージア (詩人が贈る絵本 II)