読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

きみをみつけた

『きみをみつけた』を読みました。

 

きみをみつけた (世界の絵本(新))

きみをみつけた (世界の絵本(新))

 

 

あらすじ

 

ぼくは、望遠鏡を持って丘の上へ走り、そして夜空を見上げます。

 

そこで、ダンスを踊るきみを見つけて、ぼくは大喜びします。

 

ぼくがきみに花束を贈ると、きみは贈り主のぼくのところへやってきて……。

 

星を探すぼくと、夜空に輝く星のきみの交流が描かれた絵本です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、ぼくときみのピュアな恋愛模様です。

 

主人公のぼくは、きみを見つけたくて、望遠鏡を用意して夜空を見上げます。

 

そして、夜空で踊るきみを見つけます。

 

ぼくは、きみに花束を贈ります。

 

花束はきみにちゃんと届いたのか、きみは喜んでくれたのか、ぼくは思いを巡らせます。

 

その時、なんときみがぼくのもとにやってきます。

 

きみは、花束の贈り主に会いたいと思ってくれたのです。

 

ぼくときみは、ふたりきりでダンスを踊ります。

 

そんな楽しい時間を過ごしたふたりですが、別れの時間がやってきます。

 

ぼくは、きみに別れの言葉をかけます。

 

そして、きみは素敵な言葉を残し、空に帰っていきます。

 

なんともロマンチックな1冊です。

 

ふたりはずっと一緒にいられるわけではありませんが、限られた時間の中でふたりは素敵な時間を過ごします。

 

むしろ限られた時間だったからこそ、素敵な思い出が、夜空に輝く星のようにいつまでも輝き続けることでしょう。

 

また、最後のきみとぼくのやりとりが、とても魅力的です。

 

ぼくは別れるのが寂しいはずですが、きみに「もう かえった ほうが いいよ。きみの ひかりは、ぼくの こころに しっかり のこったから」と言います。

 

それに対して、きみは「わたしの こころには あなたの はなね」と答えます。

 

お互いのことをしっかり心に刻んだふたりは、お別れします。

 

ずっと一緒にいることはできなくても、ふたりの思い出はずっと心に残り続けます。

 

離れていても、心はひとつということですね。

 

美しくてピュアなラブストーリーに、心が洗われます。

 

印象的なことば

 

きみの ひかりは、ぼくの こころに しっかり のこったから。

 

ぼくがきみに言った言葉です。

 

「離れても、きみのことは忘れないよ」というメッセージが読み取れます。

 

素敵な言葉ですね。

 

感想

 

夜空の青と星の黄色が印象的な、美しい1冊です。

 

ぼくときみの恋模様が描かれていますが、これを「友情」に置き換えて読んでみても面白いと思います。

 

やがてはお互いの元いた場所に帰らなければならないので、ほんの一瞬の出来事なのですが、最後のやりとりでそんな寂しさが和らぎます。

 

離れてもお互いの心にお互いの存在が、星のように輝いているのでしょう。

 

それなら、離れても寂しくありませんね。

 

まるで、遠距離恋愛中の恋人たちのようです。

 

特に恋をしている人に読んでほしい絵本です。

 

 

きみをみつけた (世界の絵本(新))

きみをみつけた (世界の絵本(新))