読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

おおきなテーブル

『おおきなテーブル』を読みました。

 

 

おおきなテーブル (絵本・いつでもいっしょ)

おおきなテーブル (絵本・いつでもいっしょ)

 

 

あらすじ

 

一人暮らしのうさぎのおばあさんが、かつては8人家族で囲んだ大きなテーブルにひとりで座っています。

 

おばあさんは、時間をさかのぼり、家族の思い出を辿っていきます。

 

そして、今まで見たことのなかったテーブルの裏に書かれた落書きを見ていたら……。

 

大きなテーブルをめぐる、うさぎの大家族の幸せな思い出が描かれた絵本です。

 

見どころ

 

今回の見どころは、うさぎの家族の幸せな思い出です。

 

この絵本では、うさぎのおばあさんが家族のことを思い出す形で、物語が進んでいきます。

 

おばあさんは、以前一緒にテーブルを囲んだ家族のことを次々に思い出します。

 

家族は、食事のときだけでなく、お茶を飲むときも、おしゃべりをするときも、いつもテーブルに集まりました。

 

しかし、おばあさんの息子や娘たちは、就職や結婚などで家を出ていきます。

 

子どもたちが家から出て行った後は、6匹の子どもが一堂に会することはありませんでした。

 

そんなことを思い出していると、ふとテーブルの裏の落書きのことを思い出します。

 

おばあさんは、実は一度もテーブルの裏の落書きを見たことがなかったのです。

 

おばあさんは、テーブルの下にもぐり込み、落書きのひとつひとつを辿ります。

 

そのうち、おばあさんの頭には、子どもたちの笑い声や泣き声が蘇ってきます。

 

そこに、末の息子が家に帰ってきます。

 

ふたりは、テーブルを囲んで世間話をします。

 

そこで、末の息子は来月のおばあさんの誕生日に、兄弟みんなで集まることを提案します。

 

末の息子が帰った後、おばあさんはみんなが集まることを想像し、微笑みます。

 

そして、みんなの好物を用意しようと思い、考えを巡らせます。

 

最後のページには、家族が集まった幸福な食卓が描かれています。

 

この絵本から、うさぎの家族の楽しい思い出が伝わってきます。

 

まるで、自分も家族の一員になったようです。

 

うさぎ一家のイラストも、見ているだけでほっこりします。

 

最初は、おばあさんがひとりぼっちで寂しそうでしたが、家族の楽しい記憶を思い出すと、おばあさんの顔に笑顔が戻ります。

 

楽しい思い出があるだけで、人は笑顔になれるものです。

 

そんな思い出があるというのは、幸せなことですね。

 

印象的なことば

 

いちどきに、みんなが ここへ……。ほんとに そうなると、うれしいがねえ

 

おばあさんの言葉です。

 

おばあさんの素直な心情が表れています。

 

おばあさんだけでなく、きっと家族みんなが、再び集まることを望んでいるのだと思います。

 

感想

 

うさぎの家族の幸せな思い出が描かれた1冊です。

 

おばあさんうさぎの気持ちが、よく描かれています。

 

一人暮らしの方は、おばあさんの気持ちがよくわかると思います。

 

なかなか頻繁に家族みんなが集まることは難しいと思いますが、時間を見つけて定期的に集まりたいものですね。

 

その際は、是非家族の好物をつくってあげてください。

 

きっと、絵本の最後のページのように、家族みんなが笑顔になるはずです。

 

家族のありがたみがわかる絵本です。

 

 

おおきなテーブル (絵本・いつでもいっしょ)

おおきなテーブル (絵本・いつでもいっしょ)