死ぬまでに読みたい絵本

子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。

トゥートとパドルーいちばんすごいプレゼントー

『トゥートとパドルーいちばんすごいプレゼントー』を読みました。

 

トゥートとパドル―いちばんすごいプレゼント

トゥートとパドル―いちばんすごいプレゼント

 

 

あらすじ

 

素敵な森や池に囲まれたウッドコック・ポケットにふたりで住んでいる、なかよしのトゥートとパドル。

 

トゥートのお誕生日が近づいてきて、パドルは何をプレゼントしようか頭を悩ませます。

 

そして、パドルが見つけたすごいプレゼントとは……。

 

特別な人への贈り物をめぐる、心温まる絵本です。

 

ポイント

 

今回のポイントは、特別な人へのプレゼントです。

 

パドルは、大切な「トゥート」のために誕生日プレゼントを町中探し回ります。

 

しかし、なかなか「これだ!」というものに出会えません……。

 

そして、ようやく見つけたのが、ペットショップで出会ったオウムのチューリップでした。

 

パドルは、とうとう決心し、トゥートにオウムをプレゼントすることにします。

 

しかし、どうやらトゥートはオウムが家に来て欲しくないようです。

 

パドルは、とんでもない間違いをしたことを後悔し始めますが、もう後には引けません。

 

誕生日の当日、パドルは勇気を出してトゥートにオウムをプレゼントします。

 

そして、オウムはトゥートに誕生日プレゼントとして自分のはねを差し出します。

 

トゥートは、誕生日プレゼントに驚きながらも喜びます。

 

特別な人のためにプレゼントを必死に探すパドルの姿が、微笑ましいですね。

 

特別な人に贈るプレゼントだからこそ、何を贈るか悩んでしまうことってありますよね。

 

パドルも、いろんなお店を見てまわり、プレゼントを渡す最後の最後まで、トゥートが喜んでくれるかどうか悩みます。

 

プレゼント選びには、大事な人を思う気持ちが詰まっています。

 

そんな気持ちが伝わったからこそ、トゥートはプレゼントを喜んだのだと思います。

 

印象的な言葉

 

だって、トゥートは、とくべつなんだもん……それが問題なんだよね。

 

パドルの言葉です。

 

トゥートが特別だからこそ、プレゼント選びは妥協できない。

 

特別な人を思う気持ちが伝わる言葉ですね。

 

作者の紹介

 

作者は、ホリー・ホビーです。

 

アーティストとして30年間活動し、挿画入り自叙伝に『ホリー・ホビーのアート』があります。

 

彼女にとって初めての絵本作品、『トゥートとパドルーふたりのすてきな12か月』は、アメリカの子どもたちに大好評でむかえられました。

 

本書は、シリーズ2作目にあたります。

 

訳者は、二宮由紀子です。

 

感想

 

本書は、トゥートとパドルシリーズの第2作目です。

 

可愛らしいこぶたのキャラクターに、癒されます。

 

特別な人への贈り物って、何を贈れば喜んでくれるのか1番悩みますよね。

 

特別な人だからこそ、つまらないものを選んで、がっかりさせたくないと思い、熱心に選んでしまうものです。

 

トゥートは、あまりオウムが好きではないようですが、パドルからのオウムのプレゼントを喜んでいます。

 

このことからもわかるように、プレゼントの内容よりも、人は自分のために選んでくれたという気持ちに感動します。

 

要は、ものよりも気持ちの方が大事ということですね。

 

そんな温かいメッセージが、この絵本から伝わってきます。

 

いま特別な人がいる人に、特にオススメです。

 

 

トゥートとパドル―いちばんすごいプレゼント

トゥートとパドル―いちばんすごいプレゼント